この記事は9/19に行われた大阪ローテオフで私が使用した構築記事になります。構築じゃなくてオフレポが読みたいんだ!って人は→【感想文】大阪ローテオフに参加しました!【オフレポ】をどうぞお読みください。

今回の大阪ローテオフは私にとって、とても豪華な参加者による大規模なオフ会でした。そのため最初からネタオンリーで行くのではなく、勝てるパーティで挑みたいと思いました。しかし、それだけじゃ自分を印象付けることができないのではないか?と思ったので、よくばりですが「ガチだけど自分らしさを出す」ためにちょっと前より使ってみたかったポケモンを使って乗り込むことにしました。

【パーティ紹介】
trainercard-Yayoi
①メガチルタリス(NN:シルフィン)@チルタリスナイト
特性:しぜんかいふく→フェアリースキン
性格:ひかえめ
努力値:H252,C252,S4
技:ハイパーボイス/コットンガード/りゅうのはどう/はねやすめ

今回使いたかったので持ってきたポケモン。以前、メガチルタリスにコットンガードを積まれてそれが負けに直結した試合があり、このポケモンの物理アタッカーに対する積ませ性能ってすごい!と思い今回使ってみた。使ってみたのだが、対戦相手のポケモンが、メガハガネール、メガクチート、ドリュウズ、メガハッサムという相手で、上から殴られたり下から殴られることによっても超火力で突破される鋼タイプが多く、選出が1/5だった。しかも選出した1回は択をうまく合わせられて、ケッキングのギガインパクトで何もせずに吹っ飛んだ。そんなシルフィンさんだが、大阪ローテオフの前のフレ戦ではかなり活躍したということだけここに報告しておく。あと、チルタリス入りの新しい構築考えてるのでまたこの子を使う機会が来るかも?NNは現在アニメも放送されている「干物妹!うまるちゃん」の登場人物、橘・シルフィンフォードから取った。余談ですが、この大会でびすさんという方が同じNN,ほぼ同じ努力値配分のチルタリスを使ってらっしゃいました。
チルタリスチルタリス
びすさんのシルフィンはダイブボール入り、僕のシルフィンはラブラブボール入りですね。どちらも♀なのはやはり当然と言ったところでしょうか。

②ウルガモス(NN:かえで)@ラムのみ
特性:ほのおのからだ
性格:おだやか
努力値:H252,B4,D252
技:だいもんじ/むしのさざめき/ちょうのまい/はねやすめ

いつもの特殊を受けつつ積んでいくウルガモス。1年前も使っていた。今回チルタリスと組ませるポケモンは何がいいかと思って一番最初に出てきたのがウルガモスだった。チルタリスで物理を受けつつ、ウルガモスで特殊を受ける展開にしたかった。壁張ってサポートすることによってもっとうまく行けるかもしれない・・・と思う。

③ギルガルド(NN:ほうちょう)@じゃくてんほけん
特性:バトルスイッチ
性格:ゆうかん←いじっぱりにすべきだった
努力値:H252,A252,B4
技:かげうち/アイアンヘッド/せいなるつるぎ/つるぎのまい

今回のMVP、物理型ギルガルド。剣の舞を舞って、弱点技を受けつつかげうちやアイヘで戦う。ゴースト枠がいなかったのでこの子になった。キングシールドを使うのが苦手だったのでキングシールドは入れていない。入れなくてもかなり強かった。相手はキンシがあることを想定して動かなければならないし仕方ない。

④サンダー(NN:Thunderclap)@オボンのみ
特性:プレッシャー
性格:おだやか
努力値:H252,D252,S4
技:ほうでん/めざめるパワー(氷)/おいかぜ/ひかりのかべ

おだやかサンダー。おいかぜで味方をサポートしつつ重めの飛行ポケモンをほうでんで、ガブなどをめざ氷で削る。さすが600族、期待通りの強さだったと言える。

⑤メガバンギラス
(NN:ゴジラ)@バンギラスナイト
特性:すなおこし→すなおこし
性格:いじっぱり
努力値:H4,A252,S252
技:ストーンエッジ/かみくだく/じしん/りゅうのまい

対天候パ用に持ってきた。ほとんど選出しないつもりだったのにメガチルタリスがどうしても選出できないパーティが多すぎて当日はめちゃくちゃ働いてもらった。このポケモンは積んで殴る普通のメガバンギだったが積まなくても火力があって強かった。キッスのエアスラでほとんどひるんだのは自覚が足りないなと思った。

⑥キノガッサ(NN:スマッシュ)@きあいのタスキ
特性:テクニシャン
性格:ようき
努力値:H4,A252,S252
技:マッハパンチ/タネマシンガン/がんせきふうじ/キノコのほうし

補完要員として入れたシングル流用ポケ。強かった。余談だが、NNがめっちゃ気に入ってる。


【対戦内容】
ここからは当日の対戦内容になります。BVを録ってないのでもしかしたら自分の選出・行動に関して記憶違いもあるかもです。その時は申し訳ないです。

第1戦vs小梅さん
vs小梅さん
(小梅さんの選出:ハガネール・カイリュー・トゲキッス+裏サマヨール)
(弥生の選出:ウルガモス・ギルガルド・キノガッサ+裏サンダー)
小梅さんのパーティは、トリックルーム→メガハガネール+スカーフキッスで制圧する感じのパーティ。一目見て勝てないと思った。試合序盤はコウメさんのキッスのエアスラのひるみやカイリューの急所があってもう勝てないと思ったが、剣舞+保険発動のガルドでメガハガネールを突破できてからは一転優勢。ギルガルドのアイアンヘッドでサマヨールもひるませて突破。しかし、こちらの勝ち筋が増えた局面で追い風勇敢ガルドがスカーフキッスを抜けずに敗北、あの場面では影打ちを打つべきだった。反省すべき試合。後日、追い風下のいじっぱりガルドがスカーフキッスを抜くためにはSがどれだけ必要か計算したところ、ほぼS極振りに近い状況でないと抜けないことが判明したので勇敢でなくても大勢に影響はなかった。かげうちを選択しなかった僕の明らかなプレミ。負けて当然。0-1で負け。

第2戦vsれもんあめさん
れもんあめさん
(れもんあめさんの選出:クチート・ガブリアス・霊獣ボルトロス+裏シャンデラ)
(弥生の選出:ギルガルド・バンギラス・キノガッサ+裏ウルガモス)
れもんあめさんのパーティはレボルト+クチシャン裏ガブのようなローテでよく見る強いパーティ。れもんあめさん自身がかなり強者なのでかなり厳しそう。初手、メガクチートのはたきおとすでこちらのガルドの保険が発動し、アイヘで一撃でメガクチートを落とし、さらにかげうちでガブにダメージを加え、2ターンでかなり有利な状況を作ることができた。更に大文字でガブ(おそらく鉢巻?)を火傷させることに成功した。これは申し訳ないなと思ってたら、その後キッスにメガバンギラスを突破されて負けた。こちらも火傷させたから運は平等。僕のポケモン達の自覚が足りなかったなあという感じ。(れもんあめさん側はおそらくタスキのシャンデラが無傷で残っていたので、岩石封じを受けたガブとこちらのバンギラス、ウルガモスとのS関係を把握してから安定で行動できたので、1回ひるんだ時点できつかったと思われる。やはりここが弱者と強者の違いですね)0-2で負け。

第3戦vsレイさん
レイさん
(レイさんの選出:ドリュウズ・ニンフィア・サンダー+裏ボーマンダ)
(弥生の選出:ウルガモス・サンダー+バンギラス+裏キノガッサ)
レイさんのパーティは火力がありそうなポケモンで囲まれた威圧感のあるパーティだった。特にドリュウズ、ニンフィア、ファイアローの3体で僕のPTをほとんど見られているので厳しかった。序盤はお互い択が噛みあわなかったものの、こちらのサンダーが追い風をするなどでかなりうまく動くことができ、ほうでんでファイアローを突破できたのが大きかった。その後はメガバンギラスで相手のメガボーマンダを何とか倒すことができた。3-0で勝ち。

第4戦vsメロンパさん
index
(メロンパさんの選出:ニンフィア・Hロトム・ハッサム+裏ファイアロー)
(弥生の選出:ウルガモス・バンギラス・ギルガルド+裏キノガッサ)
メロンパさんのパーティはメロンパさんのイメージポケモンであるエルレイドを左上に据えたパーティ。ラプラスやHロトムなど、ローテレートであまり見ないポケモンもいた。序盤、択を当ててHロトムをストーンエッジで突破し、積んだウルガモスがいるという大優勢の状況だったが、2回瞑想を積んだニンフィアを突破する際に甘えた行動をして回復され、今度はメロンパさんに択を当てられ、裏から出てきたファイアローにガモスを一発で倒され一気に劣勢になった。自分の甘さが出た。裏もキノガッサなのでかなり厳しく、間違えることなくメロンパさんに詰められた。この日1番悔しい試合だった。0-3で負け。
メロンパさんの大阪ローテオフの構築記事→http://ch.nicovideo.jp/melonpamyupamyu/blomaga/ar878116

第5戦vsシュガーさん
シュガー君
(シュガーさんの選出:デスカーン・ケッキング・Wロトム+裏ヒードラン)
(弥生の選出:チルタリス・キノガッサ・ギルガルド+裏サンダー)
シュガーさんのパーティはデスカーン+ケッキングというおもしろギミック系のパーティ。こういうパーティを僕も作りたい。シュガーさんのパーティにはヒードランというかなり重くてどうしようもないポケモンがいた。タイプ的にも突破が難しい+択を外すと即身代わりで詰むから、ヒードランに厚い構築にする必要があった。初手3体で危惧していたヒードランは来なかったので、キノガッサで優位を取ることができた。この対戦が唯一メガチルタリスを出した試合だったのだが、途中、択を完璧に合わせられてケッキングのギガインパクトで吹っ飛んだ。しかしそのあとは裏のサンダーなどで有利な展開を取ることができ3-0で勝ち。
シュガーさんの大阪ローテオフの構築記事→ http://ameblo.jp/sugar30199/entry-12075430806.html

というわけで大阪ローテオフは2勝3敗でブロック内4位予選落ちでした。

対戦内容に関しては非常に悔いが残る内容でしたが、結果に関してはこの面子の中で2勝できたのは嬉しかったです。

フレ戦vsとーまさん
とーまさん
(とーまさんの選出:ガルーラ・マンムー・サザンドラ+裏マリルリ)
(弥生の選出:チルタリス・キノガッサ・ギルガルド+裏ウルガモス)
とーまさんのパーティで目を引くのはやはりLv.1ココドラこのポケモンはとても厄介。しかし僕のパーティにはキノガッサというLv.1に何もさせないポケモンがいて、なおかつマリルリや、マンムー、サザンドラ、ガルーラの弱点を一応つけるので相性的に有利だと思ってた。あとは隙を見てチルタリスで積み、クレセリアはウルガモスでどうにかするつもりだった。序盤はマンムーをほぼ無傷で突破でき、優勢だったのだが、その後ガルーラのいわなだれでチルタリスがひるみ、その後ガルーラが一貫してしまい蹂躙されて負ける結果になった。やっぱりガルーラって強い。仮にあの場面でコットンガードが積めたとしても、次のガルーラの攻撃が急所に当たればどちらにしろ死ぬのでやっぱり1ターンに2回攻撃できるのは強いなあと思った。0-3で負け。
とーまさんの大阪ローテオフの構築記事→ http://zatukitreeeeeeee.hatenadiary.com/entry/2015/09/20/221926


いろいろな部分を変えつつプレイングを磨けばもっといい構築になると思うのでちょっとずつ変えていきたいと思っています。大会前に対戦してくださったナノカさん、サークルのみなさんありがとうございました。そして当日対戦してくださって、快くパーティを載せる許可をくださった小梅さん、れもんあめさん、レイさん、メロンパさん、シュガーさん、とーまさん、ありがとうございました。またローテーションバトルしましょう((ヾ(。・ω・)ノ☆゚+.

以上、弥生でした。

内容に関して疑問がある点についてはTwitter→@yayoinnocence まで。