【前説】
色メガハガネールかっこいいから使いたい隠れ特性シザリガーが手に入ったから使いたい→どっちも鈍足でトリルと相性がよさそうだしいっそのこと同じ構築に入れてしまえ!ちなみにこの構築名、僕の構築名の中で1番かっこいいと思います。このハガネザリガーの並び、実は先駆者がいてさすがだなって思いました。

【パーティ紹介】
ハガネザリガー
①メガハガネール@ハガネールナイト(NN:エルドラド)
特性:がんじょう→すなのちから
性格:ゆうかん
努力値:H252,A252,D4
技:じしん/ヘビーボンバー/ロックブラスト/のろい
備考:国際孵化の個体のため最遅ではないが最遅推奨
582a82cc
今回の構築の軸になるポケモン。B230という驚異の物理耐久を持つ。のろいを積んでトリル下でどんどん殴って行くのがお仕事。メガシンカを敢えてしないことによって炎技を耐えて攻撃や積むことが可能である。
技について、「じしん」はもちろん入れるとして、タイプ一致の鋼技に関しては、①「ヘビーボンバー」はだいたいの相手に初ターンから威力120を出せる、②のろいを積まなければ「ジャイロボール」がうまく刺さらない役割対象がいるという2つの理由からヘビーボンバーの方がジャイロボールよりも安定性があると考えられる。積み技の「のろい」は相手を詰ませる+自分が詰ませに行くための積み技として必要だと思う。「ロックブラスト」に関してはストーンエッジ・うちおとす・ほのおのキバ・かみなりのキバ・こおりのキバ・アクアテール・でんじふゆうなど他に採用してもおもしろい技があると思う。
使用感としてはとにかく堅かった。積まなくてもめちゃくちゃ堅い!現在ローテレートにおいて多いメガシンカ枠のボーマンダ・クチート・ガルーラは軒並み止めることができる。逆に攻撃面に関しては他のメガ枠に比べて低いとは感じた。参考として実際に起こった対面でのダメージ計算を載せておく。

~補正なしH252メガハガネール(耐久面)のダメ計~
補正ありA252(+1)メガボーマンダのスカイスキンすてみタックル 31.3%~36.8%(乱数3発)
補正ありA252メガボーマンダのじしん 37.3%~43.9%(乱数3発)
補正ありA252(+2)メガガルーラのおやこあいすてみタックル 42.8%~51%(低乱数2発)
補正ありA252(+6)マリルリのちからもちアクアジェット 90.1%~106.5%(乱数1発43.8%)
補正ありA252鉢巻ファイアローのフレアドライブ 65.9%~79.1%(確定2発)

~補正ありA252メガハガネール(攻撃面)のダメ計~
じしんで補正なしH252B4ギルガルドシールドフォルムに 76.6%~91%(確定2発)
じしんでリフレクター下補正なしH252ギルガルドブレードフォルムに93.4%~110.1%(乱数1発56.3%)
じしんで補正なしH252メガクチートに96.8%~114.6%(乱数1発75%)
ヘビーボンバーで補正なしH4メガボーマンダに51.4%~61.4%(確定2発)
ヘビーボンバーで補正なしH244,B4トゲキッスに119.3%~141.3%(確定1発)
ロックブラストで補正なしH252ファイアローに1発45.4%~54%

②シザリガー@きあいのタスキ(NN:ジェネシス)
特性:てきおうりょく
性格:いじっぱり
努力値:H252,A252,D4
技:クラブハンマー/はたきおとす/アクアジェット/つるぎのまい
crawdaunt
今回の軸になるポケモンその2。メガハガネールが驚異の物理耐久ならばこっちは超火力だ。つるぎのまいを積んでトリル下でどんどん相手を殴り倒していくのがお仕事。つるぎのまいを積まなくてもある程度の火力はあるので強い。技に関しては拘り鉢巻でないのでこれでいいと思う。壁構築に弱めなのでかわらわりを入れようかとも思ったのだがスペースがなかった。鉢巻だとつるぎのまいのスペースに入るのかなと思う。
使用感はとにかく火力がすさまじかった。トリル下でシザリガーのクラブハンマーを止めることができずにイージーウィンみたいな試合も多かった。持ち物もタスキである程度雑に扱えるのが僕としては扱いやすかった。先制技に弱いのはご愛嬌。トリルを貼れないこともあるので4振り60族抜きとかにするのもいいかもしれない。

~補正ありA252適応力シザリガーの火力~
クラブハンマーで補正ありH252,B252輝石ラッキーに43.1%~50.9%(乱数2発3.9%)
クラブハンマーで補正なしH4メガガルーラに66.2%~78.4%(確定2発)
クラブハンマーで補正なしB4ガブリアスに67.7%~79.7%(確定2発)
火傷状態のクラブハンマーで補正なしH4エンテイに64.9%~77.4%(確定2発)
日照り下のクラブハンマーで補正なしB4メガリザードンYに94.1%~112.4%(乱数1発62.5%)
はたきおとすで補正なしH252ギルガルドシールドフォルムに98.2%~117.3%(乱数1発93.8%)
はたきおとすで補正ありH252,B252ブルンゲルに100.4%~119.8%(確定1発)

③ニンフィア@こだわりメガネ(NN:いちごみるく)
特性:フェアリースキン
性格:ひかえめ
努力値:H252,B4,C248,S4
技:ハイパーボイス/シャドーボール/サイコショック/めざめるパワー(地面)
sylveon
かわいい枠。サザンドラがとても重いので入ってきた。こいつも超火力。超火力大好きか。サザンドラ入りの相手には絶対選出。あとトリル貼って押し切れそうな場合には選出した。とても強かった。ヒードラン意識でめざパ地面の個体を流用したが、どう考えてもハッサムとナットレイの方が重いのでめざパは炎でもいいかもしれない。

④ジャローダ@ゴツゴツメット(NN:なかまージャ)
特性:あまのじゃく
性格:おくびょう
努力値:H12,C252,S244
技:リーフストーム/リフレクター/ひかりのかべ/へびにらみ
serperior
いつものジャローダ。水タイプ、特に水ロトムが重いので入ってきた。今シーズンはリーフストームを大事な場面で外す局面が多かったものの、リフストで4タテする試合もあったり、両壁などで味方をサポートできたので強かった。

⑤ファイアロー@いのちのたま(NN:ROSSO)
特性:はやてのつばさ
性格:いじっぱり
努力値:H236,A252,S20
技:ブレイブバード/フレアドライブ/つるぎのまい/はねやすめ
talonflame shiny
トリル下でも上を取れる割と早い炎タイプのアタッカーとして入ってきた。安定して強かった。

⑥サマヨール@しんかのきせき(NN:しんげつ)
特性:おみとおし
性格:おだやか
努力値:H252,B124,D132
技:ナイトヘッド/いたみわけ/じゅうりょく/トリックルーム
dusclops
トリックルームとじゅうりょくを両立できるポケモンを探してボックスを見たらこのポケモンがいた。努力値については非常に昔に育てたため覚えていない。他にもトリックルームとじゅうりょくを両立できるポケモンはいるのだが、ポリ2に比べて格闘の一貫が切れるのがいいと考えた。またニャオニクス♂に比べて壁を貼らなくても耐久を確保できている点がいいと考えた。このポケモンも驚異の耐久力があった。いたみわけは使いどころが難しかったのでスキルスワップや鬼火の方がいいと思う

【戦績】
34勝18敗 R1620くらい→R1713 (最高R1723)
このパーティでバトルするのが楽しすぎて普段はそんなに潜らないのに潜ってしまった。同時にこの構築で何としても1700台に乗せるぞという気持ちになったのでモチベーションが続いたのがよかった。1700チャレンジには4回失敗しているのでそのたびに挫けたのは秘密。ちなみにこの構築で京都にある某大学のポケサーのローテのミニ大会で優勝したのはとても嬉しかった。

このシーズンは序盤で普通のガチなパーティを使っているのに1404までレートが落ちたのだが、前半ではユキノオーで挽回し、このハガネザリガーでまだ低いながらも自己最高レートを更新することができたのが個人的によかったと思う。マイナー・厨ポケの議論はここではしないが、ローテは使用率TOP12のポケモンで固めなくたってある程度戦えるんやで!ってことを証明できたのではないだろうか(ちなみにファイアロー以外のポケモンは使用率TOP12に入っていない。ファイアローは使用率1位だけどね!追記:ニンフィアも入ってました。増えたなあって感じ)。

【終わりに】
この構築はまだまだ改良の余地がありそうです。思いついたものはシザリガーをマリルリにしてニンフィアをブラッキーにしたり(構築名が変わってしまう)、ハガネザリガーの並びを変えないならば、ニンフィアをねがいごとめいそう型にするともっとよくなりそうだとは思っています。もしハガネザリガーを使いたいなと思った人は一考していただけたら幸いです。強いかと言われると自信は持てないですがそこそこ楽しい構築だと思いますよ!

以上、何かあればこの記事のコメント欄か、Twitter→@yayoinnocenceまで。

【追記】
無題
自己最高順位も更新できてめでたしめでたしで嬉しいです(最高点なら2頁目だったのは悔やまれる)