※この記事はRCSという大会に参加してきたよという記事と、6世代ローテに関しての総括、自分語りです。

さこみんさん主催のRotation Champion Ship(以降RCS)に参加してきました!

Cb6AQc0UYAAsPr2

RCSについてはこちら→http://ch.nicovideo.jp/sakomin25/blomaga/ar1122747

RCSとは六世代の回転盤の王を決めよう!!!というのがコンセプトらしいです。参加資格はORASのシーズン7~17のいずれかシーズンで最終レート1800達成者・第110回週末ローテ大会以降の週末大会の優勝者RCS予選の上位2人というもの。

私のORASローテ最高最終レートは1713なのですが、週末ローテ大会で1回だけ優勝したことがあるので参加資格がありました。僕はローテ界隈ではどちらかというと実績もないですが、ローテが強い人たちとこういう大会で戦いたいと思い参加しました。最後にこんな舞台で強者と戦えるんだもの。参加しない理由がないよね!

【使用構築】
三重ギミックver1.3
index
持ち物 特性 性格 努力値 技1 技2 技3 技4
メガガルーラ ガルーラナイト きもったま→おやこあい いじっぱり HAS調整 すてみタックル ふいうち れいとうパンチ グロウパンチ
ガブリアス いのちのたま さめはだ いじっぱり ASぶっぱ じしん ドラゴンクロー がんせきふうじ つるぎのまい
サンダー ゴツゴツメット せいでんき ずぶとい HBぶっぱ 10まんボルト ねっぷう はねやすめ おいかぜ
シャンデラ きあいのタスキ すりぬけ ひかえめ CSベース シャドーボール だいもんじ ちょうはつ トリックルーム
ジャローダ ひかりのねんど あまのじゃく おくびょう CSベース リーフストーム リフレクター ひかりのかべ いえき
マリルリ オボンのみ ちからもち いじっぱり HAベース じゃれつく アクアジェット かわらわり はらだいこ

週末大会で優勝したときの構築をそのまま持ってきました。ただしシャンデラのおにびをちょうはつに変えています。理由は味方のせいでんきサンダーとのシナジーが少し薄いなと思ったのと、純正トリルにぼこぼこにされそうな気がしたのでトリル安定の場面でトリルを防ぐためです。これは対ギルガルドやクレセリア、ポリゴン2などの最後の詰め筋としても有効だと考えます。

【予選】
第1試合 vs こまちさん(メガボーマンダ軸)
選出:ガルーラ/ジャローダ/ガブリアス 裏サンダー
初手でボーマンダ読みのれいとうパンチを打ったものの不発に終わり、メガガルーラが手負いになってしまい、2ターン目でメガボーマンダが一貫してしまう。2ターン目にリフレクターを張ってジャローダが退場。これが非常によかった。そのあとは後続の物理受けゴツメサンダーが相手のポケモンにかなり刺さっており勝ち。

こまちさんの構築記事→ ローテS18&RCS使用PT こまち式メガマンダ

第2試合 vs わたらいさん(バシャナットゲンガー)
選出:ガルーラ/シャンデラ/ガブリアス 裏マリルリ
初手で相手のゲンガーを凍らせるものの、こちらのメガガルーラがまたも手負いになってしまう。相手は高速アタッカーばかりだったので、2ターン目でトリルを張る。その後ガルーラで1体倒し、ナットレイが出てきていろいろ縛られてしまったものの、最終的にトリルが切れ、相手の霊獣ボルトロスがこだわり系アイテムでこちらのガブリアスを突破できない状況から択勝ちしていき最終的に勝利。

第3試合 vs かぎっこさん(メガボーマンダ軸)
選出:ガルーラ/ガブリアス/サンダー 裏シャンデラ
れいとうパンチをおそらく知らないと思ったのでれいとうパンチを選択した初手。相手の霊獣ボルトを倒すことができたのが大きかったように思う(メガガルーラはまたも手負いになった)。その後も積まれないように気を付けながら択を当て続け勝利。この勝負もサンダーが刺さっていた気がする。

第4試合 vs nanさん(クレセクチート+重力ギミック)
選出:ガルーラ/ガブリアス/シャンデラ 裏サンダー
nanさんのパーティはクレセとエルフーンで重力催眠をしてくるパーティ。正直このパーティは重力催眠の対策は怠っていたものの、2度草笛を受けて2度最速起きして択を当てて勝利。とても運勝ちだった。3度目の重力はシャンデラに入れた挑発で阻止。挑発はクレセリアに刺さったのでやはり入れててよかった。

nanさんの構築記事→ 【ローテ】Rotation Championship使用構築〜重力ボルトガブクチートfeat.なんたこすがおいしい季節〜

第5試合 vs れもんあめさん(ガブボルトブルンクチート)
選出:ガルーラ/サンダー/ガブリアス 裏シャンデラ
れもんあめさんのパーティはいつものれもんあめさんらしい並び。初手ひるまずにキッスを削ることに成功、2手目にブルンゲルを凍らせることができてとても運がいいと思っていたのだが、凍らせたブルンゲルによってガルーラのれいとうパンチとガブのがんせきふうじが呪われてしまいトゲキッスが本格的に止まらなくなってしまう。キッスに翻弄され、思うような動きができず、クチートに削られて最後はキッスに掃除をされて負け。お互いの運の良さを見せつけあう勝負になってしまった。

2e4444e48483a1b7ba186859dd51edba0cd82209
この結果4-1で決勝トーナメントに出られることに。正直勝ち上がるとは思っていなかったからとても嬉しかったです。

【決勝トーナメント】
1回戦 vsジオットさん(メガガルーラ軸)
選出:ガルーラ/マリルリ/シャンデラ 裏サンダー
BV:82SG-WWWW-WW57-WYZV
さすがガルーラ軸。結構似ているパーティだった。初手でゲンガー読みのふいうちがサンダーに入って静電気を引いてしまったものの、その後タスキゲンガーを削ることができ、シャンデラトリックルームからのマリルリのじゃれつく×3とアクアジェットで勝利。麻痺のしびれを引かなかったり、じゃれつくを外さなかったり、いい乱数を引いたり、負けに直結する低い確率を全く引かなかったのは運が良かったと思う。

ジオットさんの構築記事→ ローテチャンピオンシップ総括

準決勝 vsヒシンさん(メガボーマンダ軸)
選出:ガルーラ/ガブリアス/シャンデラ 裏サンダー
BV:EJ6G-WWWW-WW57-WLJ6
準決勝はローテの番人ヒシンさん。ギルガルド+エルフーン+エンテイ+ボーマンダというレートでよく見たパーティ。初手でスカーフエンテイにやけどを入れられるものの珠ガブの地震で削ることができた。2ターン目は読みを外してガブリアスをボーマンダに突破される。トリルからのれいとうパンチが一貫してるので3ターン目にトリルを貼ってれいとうパンチ。草笛を外したエルフーンを突破。4ターン目に裏のギルガルドのキングシールドに合わせて挑発を入れてギルガルドの行動を縛り、トリルが終わるターンに追い風を合わせてシャンデラのシャドーボールでシールドフォルムに戻れないギルガルドと手負いのボーマンダを倒して勝利。草笛が当たっていたら展開は変わっていたがヒシンさんも一発でやけどを引いたので許してほしい。

ヒシンさんの構築記事→ 【ポケモン】【ローテ】ボーマンダ・ギルガルド・ボルトロス軸PT【第147回週末ローテ優勝など】

決勝 vsれもんあめさん
選出:ガルーラ/ジャローダ/マリルリ 裏シャンデラ
BV:QQHG-WWWW-WW57-WSV3
これまでの対戦と違い、予選で当たっており、れもんあめさんのパーティがわかってるので選出を考える時間がありました。れもんあめさんは予選と同じキッス+ボルト+ブルン裏クチートで来ると予想してました。正直、パーティ同士の相性がとても悪かったので、択を当て続けながらスカーフキッスのエアスラひるまない戦い方が求められていました。無理無理無理無理。そのため、1回択を当てることで五分五分まで持って行けるマリルリの腹太鼓でどうにかしなければならないと思いました。
最初に考えた並びはガブサンダーマリルリ。ボルトに10まんボルトを打たせるのを躊躇させる並び。でもこの並びはトゲキッスのトリックを呼びやすい・・・。というわけで苦肉の策としてキッスのエアスラを呼び、トリックはさせるのを躊躇わせ、ボルトロスの10まんボルトを躊躇させる並びとしてガルーラ+ジャローダ+マリルリの並びにしました。ガルーラがれいとうパンチをもっていることは既に知られており、それを考えたらボルトロスも回しにくいかなと考えた末の並びでした。そして局面がまっさらな状態でこそ1番成功しやすいのではないかと思ったので初手「はらだいこ」まで決めて対戦に挑みました
対戦は・・・はい。初手はらだいこを完璧に読まれました。そのままボルトの10まんボルトとエアスラッシュで押し切られ負け。結局1回も動けなかった・・・。反省点としてはシャンデラじゃなくてサンダーを連れていくべきだったかなと思います。はらだいこに関してはもう決めて行ったことですしあれだけお膳立てして読まれたので仕方ないと思います。択を当てることを怠ってはらだいこで横着しようとしたと言われればそれまでですが、結局はプレイングの差だったように思います。6世代最強はれもんあめさん、みんな異存がない結果だと思います。おめでとうございます!

【結果】
というわけで、結果は準優勝!正直こんなレート1800も達成したことないプレイヤーがここまで来られたのは上出来もいいところです。ORASローテ最強を決めると銘打たれた大会の決勝で僕が戦えたのはとても嬉しかったです。でも決勝で負けたのはとても悔しかった!

【終わりに】
大会を開催してくださったさこみんさん!運営のでぃーちょさん、ひこさん、かずのこさん、滞りない大会運営をありがとうございました!また対戦してくださったこまちさん、わたらいさん、かぎっこさん、nanさん、ジオットさん、ヒシンさん、れもんあめさんありがとうございました!

以上、何かありましたらTwitter→@yayoinnocenceかこの記事のコメント欄までお願いします。

ここまでがRCSの記事になります。以下ローテーションバトルについての自分語りです。興味がある方だけどうぞ。



【総括】
せっかくなのでローテーションバトルについて少し自分語り。他の記事でも若干触れた気がしますが。

僕がローテを始めたきっかけは、ポケサーの関係で付き合いがあったひゅーずくんがローテの大会を開いたことでした。僕が所属していたポケサーは誰もローテをやってる人がおらず、誰も参加しないのなら僕が参加しようかなと思ったのです。この大会がなかったらおそらくローテをやってなかったでしょう。そして、その大会でたまたま予選を抜けて、3位決定戦でスクリーンに対戦が映される今までにない経験をしました。とっても嬉しかったのを覚えています。そこでローテに興味を持ちました。シングルもダブルも弱いけどローテなら僕でも勝てるのかな?みたいな。そこでボロ負けしてたら心が折れてローテをやってなかったと思います。大会を開いてくれたひゅーずくんありがとう。

次の大きな転機は2014年11月に開かれた、きゅんさん主催のローテチーム戦でした。ローテ初心者で他のルールもあまりやらない育成勢の僕を誘ってくださったひこさん、僕が初心者だと知っていてチームに入れてくださったそりまちさんありがとうございました。また、チーム戦のアナウンスがされた後、たくさんのローテ勢の人たちが僕のTwitterをフォローしてくれました。当時の僕はローテ界隈やローテ勢みたいな人たちの存在を全く知らなかったのでびっくりしました。その時フォローをくれた皆さん(ほんとにたくさんフォローをいただいたので全員覚えていないのは秘密)、とても暖かく迎えてくださってありがとうございます。ひこさんやそりまちさん、この時フォローしてくださった人たちが僕みたいな初心者にも優しかったからローテが好きになったし、続けようと思いました。

その次が2015年5月の大阪でのオフ会ですね。鉄人の店に行ったやつです(リンク参照)。あれが僕の初めてのオフ会でした。ローテで無名で実績もありませんでしたが、たくさんの関西ローテ勢のみなさん(と島勢のわたらいさん)と話すことができました(でぃーちょさんには話しに行けなくて後でとても後悔した)。このオフがとても楽しかったから次以降の関西ローテ勢とのオフ会には極力参加しようと思い、実際たくさん参加させていただきました。焼肉とってもおいしかった。新年会も楽しかった。全部楽しい思い出として記憶しています。関西ローテ勢のみなさまありがとうございました。

こうしたローテ勢との積み重ねがあって、大阪ローテオフ、こがねローテオフ、京都ローテオフといった対戦オフに参加したり、週末ローテ大会に出てみたり、今度は違う人とチーム戦に出てみたり、そこでまた知らないローテ勢とのつながりができて仲良くなったりしました。それこそ1人1人名前を出すと終わらないくらいたくさんです。対戦→知り合いができる→対戦→・・・という循環に関してはとてもいいサイクルができていたなぁなんて思っています。

僕もローテを布教する側に立ったりしました。あまり布教が上手じゃなくておもしろさを伝えられなかったように思いますが、それでも何人かの人は一緒にローテをやってくれました。なかまさくんとかBellくんとかユウキくんとかジュンくんとか。ローテを始めてみたよ!って人たちと対戦できたのはとても嬉しかったです。

自分のレートに関しては最高レート1726(最高最終レートは1713)という何とも言えない低い数字で終わり、週末大会も最後の方でようやく1回優勝という感じでしたが、最後にRCSで自分にとってできすぎた戦績を刻むことができました。マルチ勢・育成勢から少しだけ対戦勢になれたのかなって感じです。

サン・ムーンの発売とともに対戦環境は第7世代へと移行します。ローテーションバトルの存在についてはほぼ絶望的であると言えるでしょう。ローテ勢の方々も第7世代ではシングルやダブルなどのルールをメインにしたりストーリーを楽しんだりすると思います。もし、僕がサン・ムーンを買ったら一緒に何かできたらいいなと思います。

そしてサン・ムーンを買わないローテ勢の方とも何か一緒にできたらいいなと思います。僕はローテーションバトルが好きなだけでなく、一緒にこのゲームで盛り上がったローテ勢がとても好きです。また何か共通のもので盛り上がれたら僕は幸せだなぁと思います。たまには6世代に戻って回転盤を再起動するのもいいかもですね。



これからもずっと、どうかよろしくお願いします。