U.C.さん主催のローテシーズン18に出場しました。この記事は対戦で使用した構築の並びと考えたことについて書き連ねた記事となります。構築の詳細については記事があまりにも長くなってしまうのでTwitterやコメント欄で聞かれたら答えることにします。ローテもう終わるし対戦相手の方以外必要なさそうだけど。

ローテシーズン18についてはこちら→ http://uc-pokemon.hatenablog.com/entry/2016/09/11/140751

【予選→本選】

予選メガニウムブロックでは6勝3敗だったものの直接対決の結果3位。その結果本選はレックウザブロックで戦うことに。全体1位はなくなったので、せっかくだから今までの集大成としていろんなメガ枠を使いたいと思い、レックウザブロックでは対戦相手全員に違うメガ枠で挑むことにしました。ローテシーズン18はランダムマッチを疑似的に再現してるのでランダム性を重んじて「どの対戦相手にどのメガ枠を使うか」は抽選で選ぶことにしました。

【個人ルール】
それぞれ違うメガ枠を使う。そのメガ枠の8体については自分であらかじめ決めてよい(新規育成が面倒だったから)。そのため、メガガルーラ・メガクチート・メガボーマンダ・メガハガネール・メガチルタリス・メガヤドラン・メガハッサム・メガユキノオーの8体にした。
誰にどのメガ枠を使うかは抽選で決める(まあこれは証人がいないけどちゃんとやりました。信用してください)
以上。

【対戦内容】
第1戦 vs澪田ディンさん
チルタリス
(選出)チルタリス+サンダー+シャンデラ 裏シザリガー
din mioda
(選出)エルフーン+キュウコン+クレセリア 裏ガブリアス

澪田ディンさん戦。抽選で引いたのはメガチルタリスでした。そのメガチルタリスが相手の構築にめちゃくちゃ刺さっていたので選出。メインアタッカーがどちらも物理っぽかったので物理受けサンダーも選出。エルフーンを止め、クレセリアを突破できるシャンデラも選出。最後の詰めとして鉢巻シザリガーを選出。対戦は、メガチルタリスとシャンデラで相手のだいたいのポケモンを削ることができ勝利。キュウコンがもらいびのことを考えると初手のだいもんじは悪手でした。

第2戦 vsマブスさん

ハッサム
(選出)ハッサム+シャンデラ+サザンドラ 裏ファイアロー
mavs
(選出)クチート+キノガッサ+サザンドラ 裏ファイアロー

マブスさん戦。抽選で引いたのはメガハッサムでした。見せ合いの段階で相手のキノガッサとファイアローが重すぎてどうしようもありませんでした。対戦はダメージ感覚もガバガバでファイアローに一貫を取られて負け。予選でのリベンジを見事に果たされました。ライコウは刺さってないけれどファイアローのために連れていくべきでした。結局ハッサムはうまく使えなかったなあ。

第3戦 vsアニマロッサさん
ボーマンダ
(選出)ヒードラン+ジャローダ+ポリゴン2 裏ドサイドン
animarossa
(選出)メタグロス+Wロトム+シャンデラ 裏ブラッキー

アニマロッサさん戦。抽選で引いたのはメガボーマンダでした。初めて使うメガ枠。見せ合いの際時間が足りなくなってしまい思ったような選出ができませんでした(結果的にそれがよかった)。お互いこちらは択を完璧に当てなければならず、アニマロッサさんはポリゴン2を倒せない選出で序盤グダってしまいましたが、Wロトムがポリゴン2を縛りに来る読みでジャローダをピンポイントで回すことができ勝利。そのターンの読みを外していたらそのままWロトムに押し切られて負けていたと思います。

第4戦 vsてんてんさん
ユキノオー
(選出)ユキノオー+サザンドラ+ヒードラン 裏ドサイドン
tenten
(選出)ニャオニクス♂+Wロトム+ボーマンダ 裏ニンフィア

てんてんさん戦。抽選で引いたのはメガユキノオーでした。メガユキノオーの仮想敵である水ロトムとボーマンダがいたので選出、ギルガルド・ニンフィアに強いヒードラン、ニャオの壁のタイミングでダメージを与えられるサザンドラまで確定。裏はファイアロー・ボーマンダ・ニンフィア・ギルガルドに強めなチョッキドサイドンという消去法で選出。試合内容はてんてんさんが壁や竜舞をしている隙にメガユキノオーの剣舞を積んで、途中取り返されるも、最後は択ゲーを制し勝利。ローテらしさが出た、間違いなく個人的にシーズン18の中で1番おもしろかった勝負でした。

思わず録ったBV→ EZ9W-WWWW-WW56-KDBL

第5戦 vs律輝さん
ハガネール
(選出)ハガネール+ジャローダ+ファイアロー 裏サマヨール
ritsuki
(選出)ボルトロス+ガブリアス+トゲキッス 裏ファイアロー

律輝さん戦。抽選で出たのはメガハガネールでした。そのメガハガネールがとても刺さっていたので選出。重力トリルをしたら止まらないと思ったので裏サマヨール、最初の方はジャローダで壁なり貼ってアドを取ろうと思っていたのでジャローダも選出、キッスとパルシェンが重かったのでファイアローも選出という感じでした。初手トゲキッスで来ると思いブレバを打ったのですが、ボルトロスを合わせられました。終わったと思ったのですがボルトロスはきあいだまを選択。思い切りのいい行動でしたがお互い択ミス。珠ダメージが入らないのを見てこだわり系だと自分の中で確定。その後はファイアローのブレイブバードで相手を削っていき、最終的に重力トリルからのメガハガネールの地震で勝利。レートで当たったときは負けましたが、うまくリベンジできました。

第6戦 vsナノカさん

ヤドラン
(選出)ヤドラン+ナットレイ+ゴルーグ 裏ファイアロー
nanoka
(選出)エルフーン+マンタイン+ヌオー 裏クチート

ナノカさん戦。抽選で引いたのはメガヤドランでした。ナノカさんのパーティはかわいいポケモンが多い印象。ですがアンコールを覚えるポケモンが4体もおり、積みポケのヤドラン、ファイアロー、ナットレイ、ニンフィアは非常に出したくなかったです。しかしフェアリー2体にサザンドラを出すわけにもいかず、かなり変な選出になりました。それでもナットレイがめちゃくちゃ刺さっていたのでナットレイで削って、眠るで回復してアンコールを避けてたらいけるかなと思っていました。対戦は、雨下のエルフーンがぼうふうを打ってくる展開でさすがのナットレイもかなり削られてしまいました。ナットレイをねむるで回復しようと思ったターンにメガクチートではたきおとすをされナットレイが眠りにつき、その後はファイアローにもうまく択を合わされクチートで4タテされました。ナノカさんのこのパーティは共通の知り合いのイメージポケモンで固められた構築で、仲のいい知り合いに殴られている気分になるとても恐ろしい構築でした。ヤヨイ、ゴルーグ、ヤメマス。

第7戦 vsわたらいさん
クチート
(選出)オンバーン+ニドキング+クチート 裏シャンデラ
watarai
(選出)ボルトロス+マリルリ+ギルガルド 裏ホルード

最終戦はわたらいさん戦。抽選で引いたのはメガクチートでした。クチート軸で使ったことがあるのが神々の並び立つ構築しかなかったし、最後の大会だし使いたいと思いオンバーンとガメノデスを構築に入れました。あとはいつもの補完要因。最後のピースはニドキングが入りました。対戦は、みずびたしマリルリに翻弄されるも、クチートで積んでふいうちを打って勝利。ぼうふうをきちんと当てたオンバーンは神でした。ガメノデスはちょっと選出できなかった。残念。

【戦績】
予選6-3(ブロック3位)
本選6-2(ブロック2位)

僕にしてみればかなりいい結果でした。特に予選ブロックは死のブロックだった・・・。本選ではたくさんの構築で初めて戦う相手と戦えたのでよかったなーと思います。ちなみに1人棄権されたので使わなかったのはメガガルーラだったのですが、この構築は奇しくもRCSで使っている構築でした。そちらについても記事を書きますのでよかったらご覧ください。

【最後に】
大会を開いてくださったU.C.さん、運営大変お疲れ様でした(この記事を書いた時点ではまだ終わってないけど)。対戦してくださった予選メガニウムブロックのみなさま、本選レックウザブロックのみなさま、対戦ありがとうございました!ローテは終わるけれどまた何か対戦できたら嬉しいです。