マンタインにのって

おもしろいポケモンを使いたいポケモン総合勢最弱のブログ ポケモンブログのリンク募集中です!

2015年11月

※この記事は11/8に行われた大阪市立大学ポケモンサークルこがね様主催の「第1回こがねローテオフ」で使用した構築の記事です。
※オフレポは書くかわかりませんが少なくともここには書きません。

【前説】
大会の前日にローテチーム戦で「三重ギミック」という構築を使っていたのですが、ひどい負け方をしたので急遽この大会で使おうと思っていた「ドラドラドラエルドラド」という構築ではなく、本気で勝ちに行くために「三重ギミック」を組み替えて使用することにしました

【三重ギミックとは?】

三重(さんじゅう)ギミックとは「おいかぜ」「トリックルーム」「じゅうりょく」を臨機応変に使い分ける欲張りな構築のことである。三重(みえ)とは関係ない。詳しくは→【ローテ】三重ギミック【チーム戦使用構築】

【パーティ紹介】
だいたいの個体が三重ギミックと同じです。なのでメガガルーラ・サンダー・ナットレイ・マリルリについてはほぼコピペしてます。チーム戦の三重ギミックの記事を読んでくださった方は読み飛ばしていただいても大丈夫です。
弥生
①メガガルーラ@ガルーラナイト(NN:ガルネリウス)
特性:きもったま→おやこあい
性格:いじっぱり
努力値:H132,A252,B4,D4,S116
技:すてみタックル/れいとうパンチ/グロウパンチ/ふいうち
kangaskhan-mega
最強の親子。今回XYシーズン1ぶりに使いました。努力値調整は(http://borutonogudora.doorblog.jp/archives/40519843.html) からお借りしました。そのころは耐久に振ってないメガガルーラを使っていたのですが全く強いと思わなかったので今回は耐久に少し振りつつ火力が出るように しました。実際の使用感はこれやっぱめっちゃ強いわ。という感じでした。ちょっと削っただけですてみタックルやふいうちの一貫ができることがあり、いろい ろな人がメガ枠に採用している理由がわかりました。このパーティはSを操作して火力が高いポケモンで上から殴ることをコンセプトにしているので中速でS調整して上から殴れるメガガルーラは強かったです。れいとうパンチはこのパーティはドラゴンに打点が取りにくいので入れています。選出率(4/8)

②ランドロス@いのちのたま(NN:ドローン)
特性:ちからずく
性格:おくびょう
努力値:H4,C252,S252
技:だいちのちから/きあいだま/めざめるパワー(氷)/ヘドロウェーブ
landorus
夢化身ランドロス。僕はAR乱数できないのですが後輩からツモってもらいました。ありがとうございます。重力との相性がとてもいいと考えたので、チーム戦の前の段階で構想に入っていました。(実際は5分前にガブに取って代わられてしまった)。Sは最速メガガルーラの上を取るためおくびょうS252振り。しかしこの構築はS関係の操作をした後上から殴るコンセプトなのでひかえめにしてもよかったかもしれません。実数値で素早さ関係を把握していない僕としてはぶっぱにしてるほうがS関係を把握しやすくてよかったです。実際使用してみてものすごい火力で癖になりました。使ってておもしろかったです。選出率(7/8)

③サンダー@オボンのみ(NN:Thunderclap)
特性:プレッシャー
性格:おだやか
努力値:H252,B4,D252
技:10まんボルト/めざめるパワー(氷)/ひかりのかべ/おいかぜ
zapdos
穏やかサンダー。1つ目のギミック「おいかぜ」を使う。 相手が鈍足アタッカー多めの時に選出されることが多い。タイプが優秀で一致電気技や地面技を透かせるのがよかった。ほとんどの技を耐えるので仕事をしない ことがほとんどなかったし、火力も無振りの割にはそこそこ出るので準伝ってつえーなーと思いました。しかしながら今回は選出することが少なかったです(1/8)

④シャンデラ@きあいのタスキ(NN:glow)
特性:すりぬけ
性格:ひかえめ
努力値:H60,B8,C252,S188
技:シャドーボール/だいもんじ/おにび/トリックルーム
chandelure
トリルシャンデラ。2つめのギミック「トリックルーム」を使う。今まで私は持ち物風船+もらい火の個体を使っていたのですが、前日にフレ戦をしていただいたときにシャンデラの前で身代わりを貼られてきつかったので急遽オフの日の朝に厳選し育成しました。S188は最速60族抜き調整。これは最速ギルガルドを意識しています。残りの努力値はHP奇数調整、さらに余り8はBに振りました。かえんほうしゃとだいもんじの択では等倍でも相手にダメージが入るようにだいもんじを採用。まためざ氷個体ですがめざ氷をもってるポケモンが多いなと感じたので技構成には入れませんでした。空いた枠は鬼火とエナジーボールの択でしたが、ふいうちを透かせるように鬼火を入れることに。選出率(7/8)

⑤ナットレイ@ゴツゴツメット(NN:IRON MAIDEN)
特性:てつのトゲ
性格:ゆうかん
努力値:H252,A252,B4
技:パワーウィップ/ジャイロボール/はたきおとす/じゅうりょく
ferrothorn
勇敢最遅ナットレイ。3つめのギミック「じゅうりょく」を使う。 よく焼かれた。焼かれる以外ではほとんど倒されないので優秀でした。独特なタイプ、相手できるポケモンの多さから選出率も高かったです。てつのトゲとゴツメのダメージで1/4減らせる、メガガルーラなら半分削ることができるのがよかったです。とても器用なので今回の大会では皆勤賞でした。(選出率8/8)

⑥マリルリ@とつげきチョッキ(NN:ウンディーネ)
特性:ちからもち
性格:いじっぱり
努力値:H252,A252,D4
技:アクアテール/アクアジェット/じゃれつく/かわらわり
azumarill
チョッ キマリルリ。ほんとはオボン腹太鼓マリルリを入れたかったがオボンのみをサンダーに取られていたのでチョッキマリルリでもいいやということでこの型にしま した。補正なし霊獣ボルトロスの珠10万ボルトを確定耐えできるので強気に扱えました。またトリル下で殴るのが非常に強かったです。選出率(5/8)

【対戦内容】
ここからは当日の対戦内容になります。BVを取ってないので自分の行動・選出その他について記憶違いがあるかもしれませんがご容赦ください。

第1戦 vsソルトさん
ソルトさん
(ソルトさんの選出:ニョロトノ・オンバーン・ナットレイ+裏ピクシー)
(弥生の選出:ナットレイ・マリルリ・シャンデラ+裏ランドロス)
チーム戦に出てることを知ってたので1回話してみたかったソルトさん。そんなソルトさんのパーティは雨パ+壁構築のような見た目でした。先発で出てくる可能性が高いトノラグに強いナットレイ、オンバーンに強いマリルリまでは確定で壁構築で来た時のために壁を貫通しつつクレッフィを倒し雨でもナットレイを倒せるシャンデラも選出。裏はピクシーにヘドウェを当てることができるランドロスを選択。試合は初手でオンバーンをマリルリで倒せた(今考えたらそうとうヤンキープレイ)ことによって数的有利を取ることができた。そのあとはピクシーに積まれたものの試行回数を稼いで急所に当ててフィニッシュ。運に恵まれたバトルだった。4-0で勝利。

第2戦 vsせつこさん
せつこさん
(せつこさんの選出:ボーマンダ・ムウマージ・テッカニン+裏クレッフィ)
(弥生の選出:サンダー・ナットレイ・シャンデラ+裏ランドロス)
嫁ポケがテッカニンのせつこさん。そんなせつこさんのPTは壁+積むことができるメガ2体(と嫁ポケのテッカニン)のパーティ。トゲキッスの攻撃はほぼひるむものだと思っているのでサンダーを選出せざるを得ませんでした。あとは壁対策のシャンデラ、メガボーマンダにちょっとだけ強く出られるナットレイを選択。裏はメガチルタリスかメガボーマンダに手が付けられなくなったときのために上を取れればめざパとヘドウェで倒せるランドロスを選択した。バトルはHDサンダーがかなり刺さっており、数的優位を取ることができそのまま詰めていきフィニッシュ。4-0で勝利。

せつこさんのこがねローテオフ構築記事→http://ameblo.jp/setuko0412/entry-12093594737.html

第3戦 vsなかまさくん
なかまさくん
(なかまさくんの選出:オーロット・クレッフィ・チルタリス+裏ファイアロー)
(弥生の選出:ランドロス・シャンデラ・ナットレイ+裏ガルーラ)
なかまさくんは僕の後輩で、最近ローテを始めてくれた子。まさか同じブロックになるとは・・・なりたくなかった・・・と思いながら対戦しました。なかまさくんのパーティは彼の好きなポケモンが並べられているおっと思わせられるパーティ。パッと見クレッフィで壁を貼りながら火力の高いホルードで攻撃したり、アロー、チルタリス、ヌオーが隙を見て積んでくるパーティ。鈍足ポケモンが多いのでオーロットにトリルが入ってるかも?という感じだった。先発はファイアロー以外のポケモン5体のうちの3体+裏ファイアローだと思ったのでメガチルタリスにヘドウェで打点を取れるランドロス、壁クレッフィ+オーロットに強いシャンデラ、ヌオー・ホルードに強いナットレイを並べた。裏はどのポケモンにもある程度までは強いガルーラを選出した。バトルは初手、2手目と択を当て、数的優位を取りそのままいい感じに進んでいき勝ち。好きなポケモンで頑張る後輩と前日の悔しさの余り容赦の心を捨てた先輩との対決は先輩の勝ちでフィニッシュ。一応威厳を保てたのではないだろうか?僕のことは嫌いになってもローテのことは嫌いにならないでね。4-0で勝利。

第4戦 vs小梅さん
小梅さん
(小梅さんの選出:ハガネール・サザンドラ・トリトドン+裏サマヨール)
(弥生の選出:シャンデラ・ナットレイ・ランドロス+裏マリルリ)
昼食休憩をはさんで(僕は昼食のど飴しか食べてなかったのですが)第4戦目は前回の大阪ローテオフの時も予選で戦った小梅さん。その時は負けているのでなんとかリベンジを果たしたいと思いました。小梅さんのパーティはあの時とほぼ一緒のメガハガネール軸のトリルパ。このパーティのトリル対策はトリルに強い2体と最悪トリルを返せるシャンデラを並べることなのですが、ニンフィア・トゲキッス・メガハガネールに圧力をかけられるランドロスがいいかなと思い裏をマリルリにする珍しい選出をした。序盤は1ターン目できあいだまをサザンドラに外してアドを取られたものの、シャンデラでトリトドンを削り、身代わりを貼ったトリトドンをすり抜けシャンデラで突破できて数的優位を取ることができた。その後は裏から出てきたサマヨールにトリルを貼られ、メガハガネールの全抜き体勢を整えられたもののトリルが切れるまでなんとか持ちこたえ、最後は択を当ててフィニッシュ。2-0で勝利。すり抜けに変えさせるフレ戦をしてくださったレイさんありがとうございます。この試合で予選抜けが決まった。

第5戦 vsれもんあめさん
れもんあめさん
(れもんあめさんの選出:ボルトロス・リザードン・ギルガルド+裏ガブリアス)
(弥生の選出:マリルリ・ナットレイ・ランドロス+裏シャンデラ)
先日行われた東京ローテオフの優勝者、Season10ローテレート1位、現在(Season12)レート1ページ目など輝かしい戦績の枚挙にいとまがないれもんあめさんとの対決。前回の大阪ローテオフ予選でも同じブロックであり、その時は負けたのでぜひリベンジを果たしたいと思いながら勝負に挑んだ。れもんあめさんのパーティはおそらく壁要員のクレッフィ+メガリザードンY・ギルガルド・マリルリなど単体で強いポケモンで圧をかけてくるパーティ。僕のパーティはメガリザードンYが非常につらく、チョッキマリルリでどうにかしなきゃなあと思いました。マリルリに対してはナットレイでどうにかしなければならずこれもナットレイ選出。レボルトがでてくることも考えられたので電気の一貫を切るためにランドロスも選出しなければなりませんでした。裏は壁展開されたとき用のシャンデラにしました。れもんあめさんとの対戦は序盤、じゅうりょくで一貫を取ったらランドが一貫すると思いじゅうりょくをしたのですが、相手の霊獣ボルトロスが上を取っていてめざパで一撃でランドロスが落ちてしまいました。今考えるとこれが安易でした。その後は択を当ててシャンデラでだいもんじを当てたもののギルガルドが倒せず(H252振りだったら乱1らしい。おばけ耐久だ)、電気技を打てないマリルリがいろいろ動けて何とか持ちこたえました。しかしその後はリザードンにパーティを半壊させられ、ギルガルドをうまく動かされA-6マリルリが誕生したりしてそのままフィニッシュ。0-2で負けでした。さすがの強さです。

というわけで予選4-1でした。予選4-1は3人いて直接対決で三つ巴という接戦ブロックだったのですが残ポケ数の関係で僕がなんと1位抜けでした。嬉しかったです。4-1で予選抜けできない可能性があるブロックとかやばすぎ・・・

準々決勝 vsかにさん
かにさん
(かにさんの選出:マリルリ・ドータクン・ボルトロス+裏バクーダ)
(弥生の選出:ランドロス・ナットレイ・マリルリ+裏ガルーラ)
かにさんは初めて知り合った方だったのですがブログを昨日読みましたどの記事もめちゃくちゃおもしろかったです。そんなかにさんのパーティはいかにもトリルしてきそうなパーティ。ある程度ガブ・レボルト・キノガッサで相手を削るなりして場を整えた後ドータクンでトリックルームしてマリルリ・メガバクーダで一掃してくるのかなというイメージでした。なのでトリルに強いマリルリ・ナットレイ・あとは重力をすることができればランドロスのだいちのちからが一貫しそうだったのでランドロスを選択。試合は序盤でマリルリをパワーウィップで落とすことができたので完全に重力だいちのちからが一貫しました。次のターンはもちろん重力(相手の「ふゆう(ドータクンのNN)は重力の影響で空中にいられなくなった」という表記が出てきてすごく笑った)。よし、ランドロスで詰めて勝ちと思ったらだいちのちからをドータクンに耐えられてしまい、ドータクンがさいみんじゅつをしてきてランドロスは倒れるまでずっと寝てた。しかしながらマリルリも刺さっていたのでガルーラとマリルリで詰めて2-0で勝ち。

かにさんのこがねローテオフの構築記事→http://pick-me-club.hatenablog.com/entry/2015/11/09/164422

準決勝 vsくらうんさん
くらうんさん
(くらうんさんの選出:ブラッキー・シャンデラ・マリルリ+裏ガルーラ)
(弥生の選出:ナットレイ・シャンデラ・マリルリ+裏ガルーラ)
こがねの強者くらうんさんとの対戦。くらうんさんのパーティはかわいいポケモン+ガルーラといった感じでかわいさへのこだわりと構築力を非常に感じた。ラティアスとブラッキーを見るためのマリルリ、マリルリ、メガクチート、メガガルーラをある程度見るためのナットレイ、クチート・シャンデラにある程度強くS関係を操作するためのシャンデラを選択。序盤、シャンデラのエナジーボールがマリルリに炸裂し、アドを取られたもののそのあとは強引なヤンキープレイでブラッキーを削ることに成功。その後あくびでマリルリが眠ったものの、Sに結構振ったシャンデラがシャンデラを倒しブラッキーを回復させることないように気を付けて倒せたところで記憶が正しければ降参をいただきました。3-0で勝ち。

くらうんさんのこがねローテオフの構築記事→http://crown717.blog.fc2.com/blog-entry-120.html

決勝 vsでぃーちょさん

でぃーちょさん
(でぃーちょさんの選出:クレセリア・ヒードラン・ニンフィア+裏クチート)
(弥生の選出:ナットレイ・シャンデラ・ランドロス+裏ガルーラ)
関西ローテ勢から師匠と慕われるでぃーちょさん。第2回BOQという大会の時はチームを組んでいただきローテで全部勝っていただきました。そんなでぃーちょさんと僕は初対戦でした。いつ戦えるかな~と思っていたのですがまさかここで対戦できるとは思っていませんでした。まずは戦えることで嬉しかったです。そんなでぃーちょさんのパーティはフェアリー3枚+トリックルームでクチートが暴れまわるパーティに見えました。そのため僕は全体的に刺さっているランドロス・シャンデラを選出。僕のパーティはクレセリアが重く、瞑想を積まれると突破できません。しかもグロパン+すてみタックルで高乱数でクレセリアを突破できるガルーラを裏選出にしてしまったので非常にクレセリアが重く、そのためクレセリアを意識した戦い方しかできませんでした。それでヒードランとニンフィアにがりがり削られ、最終的にでぃーちょさんの嫁ポケのメガクチートが一貫してフィニッシュ。ターニングポイントは①序盤の択外し、②不意打ち読み鬼火ができなかった、③トリルを使っていくとわかっているのにその対策のためのマリルリを連れて行かなかったという3点でしょうか。いずれも反省すべき材料です。でぃーちょさん強かった。優勝おめでとうございます!

決勝戦BV(弥生視点)→AUWW-WWWW-WW32-PHNK

でぃーちょさんのこがねローテオフの構築記事→http://ch.nicovideo.jp/d_cho623/blomaga/ar907957

【結果】
というわけで、予選は4-1で1位抜け、最終結果は準優勝でした!

今までオフ会を含め大会でいい成績を残したことがなかったので少し少なめの規模の大会でしたがこのようないい結果という形で残って嬉しいです。しかしながらまだ自分の実力じゃ1位になれないということなのでがんばって行きたいと思います。

【最後に】
前日にフレ戦してくださったレイさん、ひこさん、いざわさん、当日戦っていただき名前と構築を載せる許可をくださったソルトさん、せつこさん、なかまさくん、小梅さん、れもんあめさん、かにさん、くらうんさん、でぃーちょさん、そして素敵な大会を開催していただいた大阪市立大学ポケモンサークルこがねの皆様、ありがとうございました。

以上、内容に関して質問や訂正がある人はこの記事のコメントか(Twitter→@yayoinnocence)までお願いします。

【追記】
Season12後半で使用しました。結果は7-1で1620台→1707で、XYシーズン5の自己最高レートタイに並べました(ここから潜れなかったのが僕の弱さ)。僕が使ってもこれくらいまでレートが上がったので結構いい構築に仕上がったのではないでしょうか。次シーズンからは使えないので別の構築(か化身ランドの代わり)を考えます。

最終レート1707(ORASシーズン12 36位)

※構築名の三重は三重(さんじゅう)です。
※結構身内ネタ個人名が多いです。構築だけ見たいという方は【パーティ紹介】というところまで読み飛ばしてください。


【前説】
11月にきゅんさん主催のローテーションバトルのチーム戦に出場してきました。その構築記事+αです。

【チームを組む】
チーム戦があると聞いて、チーム戦は誰かから誘われたら出たいと思ってましたので、ツイッターで「誰かから誘われたら出るんだけどな~出る気あるんだけどな~~~~~~~~~~~~~」みたいな構ってちゃんツイートをしてたらそれを見かねたシュガーくんが組んでくれました。未成年に気を遣わせる僕は最低な大人です
チームは3人1組なのであと1人誰か必要なのですがシュガーくんが僕に一任してくれました。その頃関西ローテ勢同士であるチームが組まれていました。そのため僕もシュガーくんも関西勢なので裏・関西勢みたいな感じでチームを組めたらおもしろいのではないかと思い、心当たりを探しましたが人脈がなくて関西勢がみつかりません。そこで自称「大阪勢」のメロンパさんを頼ることにしました。二つ返事で引き受けていただきました。とても嬉しかったです。チーム名はチーム名を決めるDMチャットをしていたとき放映されていた「月曜から夜ふかし」であってた企画を入れました。でもこのチーム名じゃわかりにくいのでメロンパさんの出身とか現在住居とかいう噂の「三重(みえ)」を入れることにしました。メロンパさんと言えば三重ですからね。結果「マッチョ田中ミステリーツアーin三重」という名前に。なんだこれ。

【対戦相手が決まった】
このチーム戦では先鋒・中堅・大将という役職がありました。この役職同士で対戦するのですが、他のチームの役職はわかりません。そのため適当に僕がまず中堅を選び、シュガーさんが先鋒、メロンパさんが大将ということになりました。その後対戦チームが決まりましたが対戦相手はローテレート1頁目常連ローテレートの番人ヤクザと呼ばれた男など強者しかいませんでした。うわぁ・・・マジかよって感じでした。頑張りましょうということで構築は少し前に考えていたのですが、なんともともと考えていた構築から1体を5分前に変えました。なぜ変えたのか。変えても変えなくてもあまり影響がなかったのは幸いでした。

【パーティ紹介】
お待たせしました。構築についてです。構築名の三重ギミックとは何ぞや?という話ですが、「3つのギミック」を入れたパーティという意味です。構築段階ではなく後付けで考えました。
ローテチーム戦構築
①メガガルーラ@ガルーラナイト(NN:ガルネリウス)
特性:きもったま→おやこあい
性格:いじっぱり
努力値:H132,A252,B4,D4,S116
技:すてみタックル/れいとうパンチ/グロウパンチ/ふいうち
kangaskhan-mega
最強の親子。今回XYシーズン1ぶりに使いました。努力値調整は(http://borutonogudora.doorblog.jp/archives/40519843.html)からお借りしました。そのころは耐久に振ってないメガガルーラを使っていたのですが全く強いと思わなかったので今回は耐久に少し振りつつ火力が出るようにしました。実際の使用感はこれやっぱめっちゃ強いわ。という感じでした。ちょっと削っただけですてみタックルやふいうちの一貫ができることがあり、いろいろな人がメガ枠に採用している理由がわかりました。このパーティはSを操作して火力が高いポケモンで上から殴ることをコンセプトにしているので中速で上から殴れるメガガルーラは強かったです。余談ですが、NNはメタルバンドのGALNERYUSから取りました。小野正利というNNのニンフィア♂もいるのでGALNERYUS好きなのかなって思われるかもしれませんが2,3曲しか知りません。かっこいいけどね。

②ガブリアス@きあいのタスキ(NN:しゅじんこう)
特性:さめはだ
性格:ようき
努力値:H4,H252,S252
技:じしん/ドラゴンダイブ/ストーンエッジ/つるぎのまい
garchomp-f
いつものローテガブ。ドラゴンダイブはちいさくなる対策。また後述しているようにじゅうりょくパでもあるので、ドラゴンダイブは良さそうだと思います。この子が5分前に化身ランドロスに変わって入れられた子。なお変えたことによる影響はほぼなかったと思います。

③サンダー@オボンのみ(NN:Thunderclap)
特性:プレッシャー
性格:おだやか
努力値:H252,B4,D252
技:10まんボルト/めざめるパワー(氷)/ひかりのかべ/おいかぜ
zapdos
穏やかサンダー。1つ目のギミック「おいかぜ」を使う。相手が鈍足アタッカー多めの時に選出されることが多い。タイプが優秀で一致電気技や地面技を透かせるのがよかった。ほとんどの技を耐えるので仕事をしないことがほとんどなかったし、火力も無振りの割にはそこそこ出るので準伝ってつえーなーと思いました。余談。NNは特に思いつかなかったのでFear, and Loathing in Las Vegasというバンドの曲から取りました。

④ナットレイ@ゴツゴツメット(NN:IRON MAIDEN)
特性:てつのトゲ
性格:ゆうかん
努力値:H252,A252,B4
技:パワーウィップ/ジャイロボール/はたきおとす/じゅうりょく
ferrothorn
勇敢最遅ナットレイ。2つめのギミック「じゅうりょく」を使う。よく焼かれた。焼かれる以外ではほとんど倒されないので優秀でした。独特なタイプ、相手できるポケモンの多さから選出率も高かったです。余談。NNはIRON MAIDENというへヴィメタルのバンドから取りました。余談の余談ですがメタルとかロックだけが好きなわけじゃないですよ。昭和の歌謡曲とかボーカロイドとかも好きです。

⑤シャンデラ@ふうせん(NN:LOVE PHANTOM)
特性:もらいび
性格:ひかえめ
努力値:H252,C252,D4
技:シャドーボール/だいもんじ/エナジーボール/トリックルーム
chandelure
僕が2番目に好きなポケモン。3つめのギミック「トリックルーム」を使う。ふうせんを持たせることによって一時的にノーマル・格闘・炎・地面の4タイプの技を無効化できる。このパーティはS操作して相手の上を取りたいというコンセプトであり、このPTのアタッカーはマリルリ・ナットレイが鈍足、ガルーラもS70族抜き調整程度の速さなのでトリックルームを貼る機会は多かった。かわいい。NN余談ですが、B'zの楽曲から取っています。

⑥マリルリ@とつげきチョッキ(NN:ウンディーネ)
特性:ちからもち
性格:いじっぱり
努力値:H252,A252,D4
技:アクアテール/アクアジェット/じゃれつく/かわらわり
azumarill
チョッキマリルリ。ほんとはオボン腹太鼓マリルリを入れたかったがオボンのみをサンダーに取られていたのでチョッキマリルリでもいいやということでこの型にしました。補正なし霊獣ボルトロスの珠10万ボルトを確定耐えできるので強気に扱えました。またトリル下で殴るのが非常に強かったです。

【基本選出】
基本は相手のパーティに刺さっているポケモンを選出してS関係を操作し、最後は裏のメガガルーラで一掃するという感じを目指していました。
トリックルーム相手に関してはマリルリ+ナットレイ+シャンデラ・裏ガルーラという感じでした。

【戦績】
個人3勝4敗。強敵揃いではありましたが、かなり厳しい結果に終わりました。チームの皆さん申し訳ない。と思ったらチーム全員3勝4敗だったらしい。

【最後に】
私と戦ってくださったグラードンブロック中堅のみなさま、現在進行形で大変な運営をやってくださっているきゅんさん、そして組んでくださったシュガーくん、メロンパさんありがとうございました。とても緊張感のある楽しい大会でした。

【ほんとうの最後に余談】
予選の試合でものすごく悔しい負け方をしたのでこの構築を少し改造して予選が終わった次の日にこがねローテオフという大会に出ました。その報告記事はまた後日。すぐに上がります。

※いい結果を残せなかったので適当な紹介です。

ダブルバトルの公式大会「トリックオアトリート」に出ました。
ToT構築

【パーティ紹介】
ToT構築です
①ゲンガー
おくびょうC252,S252
技はグランブル意識のヘドロばくだん、悪タイプ(特にサザンドラ)意識のマジカルシャイン、同速負けしないように相手のSを下げるこごえるかぜ、トリル相手に打てるようにちょうはつ。さすがの強さでした。エナジーボール入れてもよかったかも。

②ワルビアル
ようきA252,S252
威嚇要員かつウルガモス対策。ひかえめ1舞ウルガモスの上を取れるように最速スカーフ。一致はたきおとすは強かった。地震は打つ機会がなかった。いわなだれは大事な場面で外して負けに直結した。

③マニューラ
ようきA252,S252
このポケモンが1番強いと思ってた。スカーフなしで最速マニューラの上を取れるのがクロバットだけなのでこおりのつぶては切っている。あとは普通の技構成。けたぐりもほしかった。

④ウオッシュロトム
ずぶといH252,B252
ちょうのまいやおいかぜをよこどりで取れるのが強かった。あとは同速対決しないようにSを下げるエレキネット。リフレクターも強い。

⑤クロバット
ようきA252,S252
S操作のおいかぜ、ブレバはB4振りのマニューラが確定一発。特性は精神力が有名なのでよもやこっちにねこだまし打ってこないだろうと思いすり抜けにした。(壁張りにあたったのは1回、ねこだましを打たれたのは2回なので精神力をお勧めします)。ちょうはつはトリル対策。さいみんじゅつは重力催眠がもっと流行ると思ってたのでただ乗りをするために採用した。

⑥ウルガモス
ひかえめC252,S252
蝶舞をする余裕はないと思ったので攻撃技3つと守るで決めた。この技構成でよかったと思っている。

【結果】
最高レート1650くらい。最終レートは1540くらい。ほぼノンストップで最高レートまで上がり後は下がるだけだったのでつらかった。折角S調整用の技を採用してるのにその前のターンで同速負けしたり、いわなだれでひるまされたり、いろいろ試合の大勢を決するような運負けが多かった。多分プレイングも悪かったので運だけではないのだろうがこれだけ運負けを実感したのは初めてであった。次の何かの大会では頑張ります。頑張って出たらね。

この記事は私が主催したゆびふり王決定戦の結果報告の記事になります。

ルールなどはこちら→http://yayoi-sangatsu.blog.jp/archives/1042713911.html

ゆびをふるに関する記事を書いたのですが、その時からいつかゆびをふる限定の大会を開こうと思っていたので開きました。参加者は僕を含めて18人でした。ありがとうございました!

【結果】
まず結果から発表します。
ゆびをふる選手権トーナメント
というわけで優勝ゆうちゃまさんでした!おめでとうございます!
ゆうちゃまさんが使っていたポケモンは
medicham
チャーレム!でした。強かった!準決勝では私のミュウをかなしばりで縛って勝つなどして、ゆうちゃまさん曰く「すごく強かった」とのこと。ほんとに強かったです。

決勝のBVはこちら→ CG2G-WWWW-WW3X-3XNM

【KP】
せっかくなのでKPを取ってみました。

ポケモン版
KP3 ジュペッタ ミュウ ピクシー トゲキッス
banette-megamewclefabletogekiss
KP2 カビゴン
snorlax
KP1 チャーレム グランブル カイリキー エビワラー
medichamgranbullmachamphitmonchan

KP3にトゲキッスとピクシーがいるのはかなり納得ですが、ミュウとジュペッタがそれに並ぶのはこの大会ゆびふりガチ勢どれだけおんねん!って感じがしました。入手が割と難しいのにすごいなって感じです。
KP2はこれも数が多いかなって思ったカビゴン、KP1は物理技に自信がありそうな面子が並びました。

道具版
KP4 ゴツゴツメット
KP3 ジュペッタナイト
KP2 こだわりハチマキ
KP1 いのちのたま、オボンのみ、きあいのタスキ、せんせいのツメ、たべのこし、タラプのみ、パワフルハーブ、ヒメリのみ、ラムのみ

やはりゴツメは強いアイテムですね。ジュペッタを使う人はジュペッタナイトを全員持たせてたのでこのようなKPになったのではないかなと思います。鉢巻や眼鏡も割と相性がいいアイテムだと思います。1人くらいいるかなと思ったメトロノームユーザーはいませんでした。

【最後に】
参加してくださった方々ありがとうございました!大会運営はほとんどやったことがなかったので無事に成功したのはみなさまのおかげです!また機会があればこのような変則ルールの大会を開いてみたいと思います!

以上。何かあればTwitter→(@yayoinnocence)まで

このページのトップヘ