マンタインにのって

おもしろいポケモンを使いたいポケモン総合勢最弱のブログ ポケモンブログのリンク募集中です!

カテゴリ: シングルバトル

初代雨マンタイン→http://yayoi-sangatsu.blog.jp/archives/1052083526.html の続編です。

【説明】
僕はシングルはマンタインで遊んでいる程度なのですが、今回初めてレート1700,1800を突破したのでその記念に書きました。もっとレート高ければ見栄えがよかったのですが今まで1680が最高だったのでそれに比べたら少しは見られるレートなのではないでしょうか。

【パーティ紹介】
トノマンタを選出できないとき4体でも勝てるように単体性能が高いポケモンを4体詰め込みました。
Season15 マンタイン
①ニョロトノ@だっしゅつボタン(NN:りんとして)
特性:あめふらし
性格:ずぶとい
努力値:H252,B252,D4
技:ねっとう/どくどく/ほろびのうた/アンコール
politoed
雨を降らせるクッション。マンタインと必ずセットで選出します。相手の耐久ポケモンがどうしても重い場合にはピンで選出することもありました。

②マンタイン@こだわりメガネ(NN:VERTeX)
特性:すいすい
性格:ひかえめ
努力値:H108,C252,S148
技:ハイドロポンプ/なみのり/エアスラッシュ/れいとうビーム
備考:非理想。HP実数値147(HP個体値17)
mantine shiny
僕が3番目に好きなポケモン。調整については冒頭の別記事でご覧ください。ある程度1700台以上でも選出率は高かったです。雨はこの環境では辛いと聞いていたのですが、1700,1800くらいであれば何とかなりました。

マンタイン考察→http://yayoi-sangatsu.blog.jp/archives/1048605384.html

③メガガルーラ@ガルーラナイト(NN:ガルネリウス)
特性:きもったま→おやこあい
性格:いじっぱり
努力値:H132,A252,B4,D4,S116
技:すてみタックル/れいとうパンチ/グロウパンチ/ふいうち
kangaskhan-mega
ローテーションバトルから流用してきたポケモン。HP実数値197のよくある調整。トノグドラを使ってすごい実績を残してらっしゃるかおるさんという方がトノグドラにガルーラを入れてらしたので使ってみました(技構成や努力値は微妙に違います)。普段ローテーションバトルというルールをやっているので一貫を取られやすい単タイプはあまりPT内に増えてほしくはなかったのですが、使ってみるととても強かったです。やっぱり耐久があるガルーラは安心感がありますね。雨を出さないときも大暴れしてくれました。

④ガブリアス@きあいのタスキ(NN:しゅじんこう)
特性:さめはだ
性格:ようき
努力値:A252,B4,S252
技:じしん/ドラゴンダイブ/ストーンエッジ/つるぎのまい
garchomp-f
ドラゴンダイブはまだ入ってます()選出率は低めでしたがとても強かった。

⑤エンテイ@とつげきチョッキ(NN:おとうさん)
特性:プレッシャー
性格:いじっぱり
努力値:H4,A252,S252
技:せいなるほのお/ストーンエッジ/じならし/ニトロチャージ
備考:A個体値は29,B個体値は30
entei
特殊を見つつ物理を焼くことができたと思います。雨との相性は良くないのですが、雨選出がしづらいときに選出してかなり強かったです。

⑥サンダー@ゴツゴツメット(NN:サンダー)
特性:せいでんき
性格:ずぶとい
努力値:H252,B252,D4
技:10まんボルト/ボルトチェンジ/ねっぷう/はねやすめ
備考:B個体値は29,C個体値は30
zapdos
解禁された隠れ特性サンダー。カロスマーク付きの霊獣ボルトロスを持っていなかったので厳選した。こいつの特性のおかげで勝てた試合も何試合かあった。とても強い。

【基本選出】
①雨が4体以上に刺さってるとき
トノマンタ+1
②雨が3体以下にしか刺さってないとき
トノマンタ以外の中から3匹

【戦績】
41-21(最高レート1856+α,最終レート1817)
+αは1856の時の試合にて勝ち確定の場面で切断されてしまい、次の負け試合のマッチング時点でレートの変動が確認できなかったからこう表記しました。このシーズンまで、僕はシングルの最高レートは1680くらいだったので大幅更新ですね。僕はシングルレートが本当に弱くて1700すら達成できてなかったのでとっても嬉しいです。本当にシングルが弱い僕でもある程度マンタインを選出しながら勝てたのでマンタインは強いのだと思います。(キングドラだったらもっと強いかもしれないとか後ろの4体が強かっただけとか言わないで)

【反省】
勝てなかったポケモン
・グロウパンチひみつのちからふいうちメガガルーラ
グロウパンチを積まれた時点で突破方法がほとんどありません。
重かったポケモン
・Wロトム
自分が蒔いた雨にやられることもしばしば。
・ニンフィア
眼鏡ハイパーボイスされてるだけできつかったです
・メガクチート
あまり当たりませんでしたがトリル貼られるときついです。

【最後に】
ろくに結果も出ていないのにここまで見ていただきありがとうございました。でもマンタインのシングル構築では最高レートなのではないでしょうか(Google検索で構築記事を1件も発見できなかったことは些細なことです)。

以上、何かありましたら Twitter→@yayoinnocenceかこの記事のコメント欄にお願いします。

※この記事は第28回京大カップで僕が使用した構築記事です。

第28回京大カップ結果記事→ http://kyotounivpoke.blog91.fc2.com/blog-entry-208.html?sp

【前説】
シングルのオフ会に僕はほとんど参加したことがないのですが、京大カップは別で、これは6回目の参加になりました。参加するかは前日まで悩んでいたのですが、ムウマを使う子とタブンネを使う子が出るらしいということで、彼らを応援しに行ったり交流しようくらいの気持ちで参加しました。僕は普段シングルレートはマンタインで遊んでいる程度しかしていないのですが、前述したそのくらいの気持ちだったのでいつものマンタイン入りのPTで行くことにしました。奇しくもこの日はバレンタインデー。バレンタインとマンタインって結構文字被ってませんか?

【パーティ紹介】
京大カップ使用構築
①ニョロトノ@だっしゅつボタン(NN:りんとして)
特性:あめふらし
性格:ずぶとい
努力値:H252,B252,D4
技:ねっとう/どくどく/ほろびのうた/アンコール
politoed
雨を降らせるクッション。マンタインと必ずセットで選出します。耐久型相手にほろびのうたやアンコールできるのでいわゆる害悪対策たり得るのが偉いと思います。(選出率8/10)

②マンタイン@こだわりメガネ(NN:VERTeX)
特性:すいすい
性格:ひかえめ
努力値:H108,C252,S148
技:ハイドロポンプ/なみのり/エアスラッシュ/れいとうビーム
備考:非理想。HP実数値147(HP個体値17)
mantine shiny
僕が3番目に好きなポケモンで今回の主役。すいすいアタッカーで相手のポケモンを全抜きしていきます。非理想なのは国際孵化した個体だからです。マンタインについては少し前にこちらでまとめたのでよかったら読んでください。→ http://yayoi-sangatsu.blog.jp/archives/1048605384.html 努力値に関してはCはぶっぱ、Sは雨下でスカーフ最速80族抜き調整で残りがHP。雨パのアタッカーはキングドラ・ガマゲロゲ・メガラグラージが強いと思うが、バナに強い雨アタッカーとしてマンタインの採用もありなのではないかと思った・・・みたいな戦術的な考えはあまりなく、単純に好きだから使いました。まあ今回はフシギバナと当たる機会が多かったのですが対フシギバナは3勝1敗なのでマンタインはフシギバナに強い雨アタッカーたり得ると思います。マンタインは特性すら知らない人がいたり、知っていても火力を侮られたり(まあ実際にすいすいアタッカーとしては火力が足りないですが)する機会が多く、意表をついて手痛い一撃を与えられたのではないだろうかと思います。今回の京大カップにおいてはハイドロポンプを15回ほど打って全部当てたり、とてもずるい場所でエアスラひるみを引いたので自覚があったなあと思います。偉かったぞ。(選出率8/10)

③メガクチート
@クチートナイト(NN:ヴィクトリカ)
特性:いかく→ちからもち
性格:いじっぱり
努力値:H252,A252,D4
技:じゃれつく/ふいうち/アイアンヘッド/ほのおのキバ
mawile-mega
雨と相性がよさそうなメガ枠で1番最初に思いついたので入れました。クチート自体は単体で強いと思うのですが、選出率が低く、クチートを出した試合は全部負けたのでここは一考の余地があると思いました。(選出率2/10)

④霊獣ボルトロス@いのちのたま(NN:エクレール)
特性:ちくでん
性格:おくびょう
努力値:H4,C252,S252
技:10まんボルト/かみなり/めざめるパワー(氷)/きあいだま
thundurus-therian
雨と相性がよさそうなアタッカー。トノマンタが苦手な電気技をちくでんで無効化して、マリルリ・ファイアロー・サンダー・化身ボルトロスなどマンタインが重いポケモンをまとめて相手できます。必中雷は非常に強かったです。必中じゃない雷も3/3、きあいだまも1/1大事な場面で全部当ててくれたので本当に運がよかったです。(選出率8/10)

⑤ガブリアス@きあいのタスキ(NN:しゅじんこう)
特性:さめはだ
性格:ようき
努力値:A252,B4,S252
技:じしん/ドラゴンダイブ/ストーンエッジ/つるぎのまい
garchomp-f
僕がローテとシングルで使ってるガブリアス。最近はがんせきふうじ持ちが多いのでそろそろ別個体を作るべきかなあとか思っています。その前にドラゴンダイブをどうにかしろって話ですが。 #日記(選出率1/8)

⑥ローブシン@とつげきチョッキ(NN:ローブシン)
特性:こんじょう
性格:いじっぱり
努力値:H84,A252,D172
技:マッハパンチ/ドレインパンチ/はたきおとす/れいとうパンチ
conkeldurr
チョッキローブシン。友達からいただいた個体なのでNNはついていません。個人的にゲッコウガに後出しがしやすいので好き。扱いを雑にしてもある程度活躍するので好き。見た目はそこまで。(選出率3/8)

【基本選出】
基本選出は2パターンで、
A:マンタインが3体以上に刺さってる場合・フシギバナがいる場合・相手
→先発トノマンタ以外1体+裏トノ・マンタ
B:マンタインが2体以下しか刺さっていない場合・ナットレイなどがいる場合
→トノマンタ以外3体

だいたいこんな感じで考えてました。

【戦績】
予選4-2(2位抜け)決勝トーナメント3-1(準優勝)

【感想】
正直こんなにいい戦績が出るとは思いませんでした。本当にマンタインで1勝が目標だったのでこんなにもいい結果が残せたのは嬉しかったです。この構築が決勝まで勝ち上がれたのは対策をあまり考えてなかった壁構築にあたらなかったりガルーラやボーマンダ入りの構築に当たらなかったり低命中技をすべて当てたり本当に運がよかったとしか言いようがありません。それでも嬉しかったです。だんだん勝ち上がるにつれて僕の対戦を見てくださる人達が「おもしろかった」とか「マンタイン強い」とか言ってくださったのが本当に嬉しかったです。ただ決勝でマンタインの勇姿をスクリーンに映せなかったのだけが心残りです。

【終わりに】
対戦してくださったり僕としゃべってくださった参加者の皆様、大会を企画・運営してくださった京都大学ポケモンサークルの皆さんありがとうございました!
第28回京大カップスクリーン
画像はBellくんからいただきました!ありがとうございます!

以上。質問・感想などがあれば当記事コメント欄かTwitter→@yayoinnocenceまで

追記
マンタインを選出してない決勝戦→ https://www.youtube.com/watch?v=wlX34P1RMbI&feature=youtu.be

くじわらさんが運営しているブログ「雨構築のまとめ!!」に載せていただきました!恐縮です!→ http://amenomatomeoras.blog.fc2.com/blog-entry-8.html

※構築記事です
※茶番は飛ばしてくださって結構です


【茶番】
moriss2
???「XY時代はよかった・・・レベル上げに来る客共の払う金でレストランの営業も順調だったし、客共に3連守るとかで嫌がらせすることもできていい憂さ晴らしになってた」
???「しかし!今は何だ!レストランに来る客は激減。そのせいでオーナーのクリストフは夜逃げしたし、ウエイトレスのポリーヌは実家に帰った。聞くところによると、みんなホウエン地方に移住してハピナス道場なるものに通っているらしい」
???「なーにがハピナス道場だ!そんな簡単に経験値あげたらリピーター全然来ないだろうが!」
???「もういいわ!Wi-Fiで潜って運ゲーでレート吸って憂さ晴らししよ。散々経験値稼がせてやったのにその恩を忘れたお前らに対する復讐じゃ復讐!!」

・・・

みなさんはこの人を覚えてらっしゃるでしょうか?ORASから新規参入した方は知らない人もいるのではないでしょうか。こいつはミアレシティにあるレストラン・ド・キワミのモリス。XYでは経験値をこの人(ではなくオーナーのクリストフ)に稼がせてもらった人も多いのではないでしょうか?

今回はこのモリスが使っていた6体でシングルレートに潜りました。私はXYの時、フリー100戦モリスパで潜って74勝26敗でした。その時ついでにシングルレートも潜ったのですが1勝4敗でやっぱこれ勝てないなあと思っていたのですが、今回意を決してリベンジすることにしました。


以下構築

Revenge of Morris

①タテトプス(NN:MORRIS)
特性:がんじょう
持ち物:イバンのみ
努力値:のんきH252,B4,D252
技:ステルスロック/ほえる/メタルバースト/じわれ

アイドル枠。モリスといえばこのポケモン。XYの頃は進化の輝石を持たせていたのだが、今回は採用できなかったイバンのみを採用して、じわれの試行回数を稼いだり、メタルバーストの後ステロを撒ける型にした。ぼうぎょかとくぼうどちらかに特化してもよかったのだが、特化したところで4倍弱点の攻撃はがんじょうまで持って行かれるのでどちらかというと火力の足りないポケモンに対して試行回数が稼げるような両受けにした。メタルバーストを撃つことを想定してすばやさには下降補正をかけている。使用感としてはカバルドンと似ていて、後続のメガルカリオが積んで全抜きする起点を作ったり、地割れで相手をたくさん葬ったりとなかなかやりたい放題してくれて楽しかった。浮いてる挑発持ちには何もできない。

②ミロカロス(NN:いくさん)
特性:かちき
持ち物:とつげきチョッキ
努力値:ひかえめH252,C248,S8
技:ねっとう/れいとうビーム/めざめるパワー(炎)/ミラーコート

チョッキを持たせることによって、パーティ単位で一貫している電気技をミラーコートで返したり、特殊ポケ全体を見ることができる。D無振りでもかなり堅い。(補正なしC252振り珠ライコウの10万ボルトが51.4%~61.8%程度の耐久)また、めざ炎を入れることによってナットレイやハッサムに対しても有効打を持つことができた。また特性の勝気は割と忘れられがちで霊獣ランドロスやメガライボルトの威嚇でCを上げてもらったり、Sを下げる技によってもCが上がって、火力が増すので強いと思う。私は個人的にこのミロカロスが一番扱いやすいと思う。NNは東方Projectのキャラクター永江衣玖から。

③ソーナンス(NN:ルーミア)
特性:かげふみ
持ち物:オボンのみ
努力値:わんぱくH252,B252,D4(ずぶといが望ましい)
技:カウンター/ミラーコート/アンコール/みちづれ

普通のソーナンス。このパーティで重いバシャーモ、キノガッサ、メガガルーラ、などの物理アタッカーを強引に受けきる役割。NNは東方Projectのキャラクター、ルーミアから。挑発、状態異常技持ちには基本何もできない。

④トゲキッス(NN:ヒューム)
特性:てんのめぐみ
持ち物:こだわりスカーフ
努力値:ひかえめH4,C252,S252
技:エアスラッシュ/マジカルシャイン/だいもんじ/くさむすび

スカーフ型白い悪魔。同速対決を想定してないのでひかえめを採用したがおくびょうでもよかった。最後の切り札としての天の恵みエアスラッシュはやはり強いと思った。だいもんじはハッサム、メガルカリオ、ナットレイ意識。くさむすびはスイクン、ラグラージ、ヌオー意識。(エアスラで突破する方が多かった)

⑤メガルカリオ(NN:ウィザード)
特性:せいしんりょく→てきおうりょく
持ち物:ルカリオナイト
努力値:おくびょうH4,C252,S252
技:わるだくみ/しんくうは/あくのはどう/ラスターカノン

このパーティの積みアタッカー。一番選出率が高く、一番強かったように思う。有利な相手に後出しorソーナンスのアンコール→交代→全抜きを目指す特殊型。ギルガルドに対して有効打を持てるあくのはどうを採用。個人的にこの枠はきあいだまかはどうだんかあくのはどうの選択肢があると思うのだがどうだろうか。

⑥フローゼル(NN:ブイヨン)
特性:すいすい
持ち物:きあいのタスキ
努力値:H4,A252,S252
技:アクアジェット/アクアテール/けたぐり/アイアンテール

選出0回。


選出は基本ミロカロス・メガルカリオ・トゲキッスの3体。ステロが刺さってる場合はタテトプスを入れたり、拘り系のアイテムを持たせているポケモンや、どうしても受けが効かないようなポケモンがいる場合はソーナンスを入れた。

結果:55戦32勝23敗(1460スタート、最高レートは1640くらい。最終レート1554)


1700までがんばって行きたかったが、シーズンもかなり終盤から始めたので間に合わなかったという言い訳。言うほど弱くないと思うのだが、決して強いわけでもないし、パーティ単位で絶対に無理なポケモンが多かった。(適切な技を持った珠ゲッコウガ、挑発鬼火持ちファイアローetc...)そして私のプレイングスキルも問題があるのでこの結果はまあ妥当だと言えよう。勝ち越せたので個人的には嬉しい。

次シーズンはコンセプトパじゃないけど、昔使ったことのある変な構築で潜れたらいいなあ・・・

2015年2/28にあった京大カップに参加してきました!

今回出るにあたって、レート用で使ってる構築を持っていこうと思ったのですがよく考えたらレートで使ってる構築は欠陥しかないものばかりでした。

でも後輩N君に誘われたので出るしかない!ということで今回組んだパーティがこちら

trainercard-Yayoi
今回はいつも使ってるトレーナーカードジェネレーターが使えなかったので海外のサイトのを使いました。

水統一ですね。去年のサークルの企画で水四天王をやったのでその構築をすこし改良してこのパーティを組みました。

まだまだ構築としては未熟な面があるので戦績などを見たい人はメンバー紹介を飛ばしていただけたらありがたいです('ω')

~メンバー紹介~
①ゲッコウガ@こだわりメガネ(NN:カムイ)
特性:へんげんじざい
性格:おくびょう
努力値:H12 C248 S248
技:れいとうビーム/あくのはどう/じんつうりき/めざめるパワー(炎)

めざ炎個体。水統一において必要不可欠であるナットレイなどの処理を任せることができる。高い素早さからの高火力のれいとうビームで草タイプを倒すことができる。また眼鏡を持たせることにおいて水統一に重いメガヘラクロスの処理をじんつうりきですることもできる。ゲッコウガを統一パに組み込むことにはいろいろな意見があると思うが、個人的に全く問題ないと思ったので採用した。(余談であるが私にとって統一パは個人の自由だと思っているが、ブイズパに岩ブイズと称してテラキオンを入れたり、虫統一にフライゴンを入れたりするのは統一パとして認めていない)
使ってみてやはりへんげんじざいという特性と高いSは強いと思った。物理型も一定数いるので技も読まれにくいのが素晴らしい。このパーティにとってフェアリータイプも重いのでダストシュートゲッコウガの採用も視野に入れている。(でもメガヘラ倒せなくなるから両刀にしようかなあ)

②ラプラス@せんせいのツメ(NN:フォルテ)
特性:ちょすい
性格:ひかえめ
努力値:H248 A8 B92 C134 S28
技:こおりのつぶて/フリーズドライ/10まんボルト/ぜったいれいど

大会前日に入れることを決めた。新しくめざ炎個体を厳選しようと思ったのだが生まれず、結局XYで育てたA個体値が低いのにAに振ってつぶてを採用している個体を連れてきた。どうしてもこのパーティに入れたかった理由として
①物理受け瞑想スイクンを他のポケモンでは突破できない
②受けループに対して一撃技が強い
③水タイプに強い
という3点のために採用された。
せんせいのツメを持たせた理由としては、
①持たせたかったチョッキとオボンのみが他のポケモンに取られている。
爪零度は最強
③いろんな意味で最後まで勝ちの可能性を信じたい
というものがあった。実際に爪零度を当てたときは歓喜よりも罪悪感の方が勝っていたのだが楽しかった。(その試合は結局負けてしまったのは秘密)
次はめざ炎個体を使いたい。

③ギャラドス@ギャラドスナイト(NN:リヴァイア3)
特性:いかく→かたやぶり
性格:ようき
努力値:H252 A4 S252
技:たきのぼり/じしん/ちょうはつ/りゅうのまい
仮想敵:水ロトム・物理ポケモン

メガ枠。いかくは強い、かたやぶりも強い。そんな強いポケモンである。最速なのはキノガッサに上から挑発を打てることに利点を見出したからである。正直もっとキノガッサを見るためにたきのぼりからこおりのキバに技を変えるのも面白いと思っている。その分火力はないのでアタッカーとして攻撃するためには舞うことが必須である。キノガッサが相手パーティにいるときはほぼ100%このポケモンが選出されることになる。

④ミロカロス@とつげきチョッキ(NN:さよしぐれ)
特性:かちき
性格:ひかえめ
努力値H248 C248 S12
技:ねっとう/ミラーコート/れいとうビーム/めざめるパワー(炎)

個人的に一番使いやすいミロカロス。今回はめざ炎採用型。チョッキミロカロスはD無振りでもかなり堅いので相手の電気技をHPゲージ緑で受けきれることがほとんどであり、レートでよく見るほとんどの電気タイプは特殊アタッカーであるといってもいいので、ミラーコートで水統一にとって重いポケモンを葬り去る活躍してくれる。(ミロカロスのミラーコートはかなり有名なので相手が補助技持ちなら補助技から入られることもしばしばある)。Cぶっぱではあるものの補正ありHD252ナットレイに対してめざ炎は50%程度のダメージは入る。またミロカロスの特性は追加されたものなので忘れられがちであるがかちきという特性は強い。

⑤パルシェン@いのちのたま(NN:8ボール)
特性:スキルリンク
性格:いじっぱり
努力値:H
188 A204 B12 D4 S100
技:こおりのつぶて/つららばり/ロックブラスト/からをやぶる

単純に強い。からを破る機会さえ与えられたらいろいろなポケモンを1発で持って行ける。Sは1破りでメガライボルト抜き調整。

⑥マリルリ@オボンのみ(NN:みずふうせん)
特性:ちからもち
性格:いじっぱり
努力値:H252 A252 S4
技:はらだいこ/アクアジェット/じゃれつく/ばかぢから

H252に?と思った人もいるだろう。HP偶数調整を忘れてました。にわかですごめんなさい。水統一におけるマリルリはとくせいが草食の個体も多いと思う。しかし普段使っているマリルリとは明らかに火力が違い過ぎて採用する気になれなかった。ということでどうせなら使ったことない腹太鼓マリルリを使ってみたいなということで採用した。選出したのは1回で、その時は水統一ということもあっていえきをされた。特性なしではらだいこじゃれつくしてクレセリアのHPを半分削るダメージが入ったのはおもしろかった。ゴツメで削られて負けた。

~戦績~
2勝4敗

趣味で組んだ統一パとしてはぎりぎり合格かなあという印象。対策は講じてるとはいえやはりキノガッサは重かった。あとヤチェのみジャローダに分からされた試合もあって、重いポケモンは2重、3重に対策しなければいけないなあという反省があった。水統一楽しいですよ(タイトル回収)。

オフの対戦会にはあまり出ないのだが、京大カップだけは結構出ていて、今回が5回目の京大カップであった。シングルでもそろそろ予選抜けしたいものである。

真面目な構築なのに戦績が振るわない記事でした。読んでいただきありがとうございました。

先日、アニメ「ご注文はうさぎですか?」の2期が発表されましたね。

私は1期を見ていないのですがキャラクターがすごくかわいいので2期からみてみたいなあと思っています。

ご注文はうさぎですか?といえばオープニングテーマでこころぴょんぴょんしてますよね。

こころぴょんぴょん

こころ・・・ぴょん・・・

ココロ・・・

ココロコロコロゴロゴロゴローン

どうしてこうなった・・・

構築紹介の前に、今回はいろいろなおもしろいブログを見て、分かりやすい構築の図があるとわかりやすいと思ったので私も頑張って図を作ってみました!

勝ち筋①
勝ち筋1
勝ち筋②
katisuji
わかりやすいですね。


~パーティ紹介~
①ココロモリ@じゃくてんほけん(NN:アイハート)
特性:たんじゅん
性格:おくびょう
努力値:H4 C252 S252
技:ドわすれ/アシストパワー/エアスラッシュ/はねやすめ

勝ち筋①において選出される。
画像がわかりやすいので文での説明は必要ないであろうが、念のために説明すると
①S114というすばやさの高さを生かして単純ドわすれでDを4段階上昇させる
②特殊弱点技を受けて弱点保険発動(だいたいどの技も4割程度入る)
③単純弱点保険でACがそれぞれ4段階上がる
④{20+20×(4+4+4)}×1.5×3=威力1170のアシストパワーを撃ちまくって3タテ
というものである。

ちなみにこの威力1170のアシストパワーというものがどういう火力かというと

補正なしH252スイクン確定1発 (201.9%~238.1%)
補正ありHD252レジアイス 確定1発(109%~128.8%)
補正ありHD252ハピナス 確定2発(76.2%~89.7%)
補正ありHD252クレセリア 確定2発(62.1%~73.5%)
補正ありHD252輝石ラッキー 確定2発(61.6%~72.5%)


というもの。基本何でも吹っ飛びます。

惜しむらくはS115族を抜けないこと。これが抜けたらアタッカーライコウすら倒せるのですが・・・。
あと悪タイプにはアシストパワーが入らないのでサザンドラとかはエアスラでひるませましょう。

撃破数からいってこの子がこのPTのMVPだと思います。

②コロモリ@きあいのタスキ(NN:コロモリ)
特性:てんねん
性格:おくびょう
努力値:ALL 0
技:トリックルーム/がむしゃら/リフレクター/つばめがえし
備考:レベル1

レベル1コロモリ。勝ち筋②のお膳立てをする役。
相手の攻撃をタスキで耐えて、トリックルームを貼ってがむしゃらで攻撃して退場する。なぜつばめがえしを入れているのかというと。相手がトリルのターンを稼ぎに来た場合、倒すための技が必要だったからである。体力12で使った場合つばめがえしよりどくどくの方がいいのでは?となるができるだけコロモリには相手を倒してほしくはなかったのでつばめがえしを採用した(理由は後述)。この子も活躍してくれたが、電磁波で麻痺してしびれて動けないのはともかく、10万ボルトでも麻痺して動けなくなるなど、麻痺すると体感60%ほどでしびれて動けないを引くのでその度に個体を変えようかとも思った。実際はがむしゃらを教えるBPがもったいないので変えなかった。個体はココロモリの孵化余りから1体選出したのでとてもエコである。

③コロトック@いのちのたま(NN:ビオラ)
特性:テクニシャン
性格:ゆうかん
努力値:H252 A252 B4
技:とどめばり/むしくい/つばめがえし/はたきおとす

今回活躍し(てほしかっ)た枠。
トリルがむしゃらで削られた相手をとどめばりで倒し、Aが2段階上昇したコロトックで上から殴り倒してほしかった。ほしかった。そのため、コロモリには相手を殺してほしくなかったのでつばめがえしを採用している。(今となっては正直どくどく採用でもよかった)。実際A2段階上昇したテクニシャンコロトックの火力はHB特化クレセリアをむしくいで乱数1発(50%)という火力である。しかし、あまりに耐久がないので先制技を耐えない、技範囲がとても狭いので弱点をつけない、そして弱点をつけないと相手を倒すとこまでいかないさびしい火力という、残念三冠王なのである。火力といえばこのPTには馬鹿みたいな火力を出せるココロモリがいるのも相まって、残念だったとしか言えない。またゆうかんとはいえS65なので、トリル下で上を取られることもしばしばあった。この枠が剣舞メガハッサムとかとどめばりシュバルゴなら種族値的にも技範囲的にもそうとう活躍したことであろう。余談だが、コロトックの種族値、覚える技を検索したら頭を抱えた。

一応活躍した?BV(フリーバトル):C4TW-WWWW-WWXA-P7LB

④ゴロンダ@こだわりハチマキ
特性:てつのこぶし
性格:いじっぱり
努力値:H252 A252 B4
技:れいとうパンチ/ほのおのパンチ/はたきおとす/ドレインパンチ

トリルアタッカー枠。
トリルアタッカーではあるが、ココロモリ軸の後続としても選出しているので選出率は高かった。特性はどれも優秀で迷ったのだが今回は火力を出すためにてつのこぶしを採用した。鉢巻で火力を底上げしているのでおもしろいくらい相手にダメージが入って楽しかった。しかしながら技が縛られてしまうのはつらい部分があり、それを考えるとチョッキでもいいのかなあと思った。とても頼れる背中だった。

⑤ゴローニャ@イバンのみ(NN:Golem)
特性:がんじょう
性格:いじっぱり
努力値:H252 A252 D4
技:じしん/ストーンエッジ/ヘビーボンバー/かみなりパンチ

トリルアタッカー枠。
トリルアタッカーではあるが、ココロモリ軸の後続としても選出しているので選出率は高かった。ほぼ100%である。このパーティで重過ぎるファイアローに対して出せるだけでも偉い子だった。持ち物は最近されたイバンのみを採用。いい感じに発動してくれた。ヘビーボンバーはニンフィアに対して打点になるので採用した。ちなみにH164B84ニンフィアに対して乱数1発 (56.3%)。NNはサークルの先輩に通信交換を手伝ってもらったとき、「バイバイゴローン!」って言って送り出してあげたら、「お帰りGolem!!」となって帰ってきた。知らない子すぎて笑った。そのまま採用した。ふいうちが欲しい人生だった。

⑥ゴローン@しんかのきせき
特性:がんじょう
性格:わんぱく
努力値:H252 B252 D4
技:ステルスロック/どくどく/まもる/だいばくはつ

選出しなかった。Dが低すぎて輝石があっても何も受けられない。「ゴロ」という文字がつくポケモンがこのゴローンか「ミズゴロウ」しかいなかったので消去法的に入った。「コロ」枠にエネコロロがいたのでエネコロロとも迷ったが、ココロコロコロゴロゴロコロロよりココロコロコロゴロゴロゴローンの方が語呂がよかったので採用した。エネコロロも匙を投げたくなる程度には弱かった。

~戦績~

30戦11勝19敗
正直もっと負けると思っていた。最初の方は3勝3敗くらいで、あれ?これもしかして強いんじゃない?とか思ってた。杞憂だった。レートは最低1390台まで到達した。最終レートは1428。未知の領域だったものの使われているポケモンは高レートとかとあまり変わりないなあと思った。ポテンシャルは皆無のコロトックをもっと活躍させたかった。

~終わりに~
おもしろい語呂構築は考えるのはおもしろいけど、やっぱりうまくいかないものですね。
ちなみに今回の構築を考えたとき
コロ枠として
コロボーシ、エネコロロ、
ゴロ枠として
ミズゴロウ
がいたのですが消去法的にこいつらの方が無理だろうと思ったので採用できなかったです。

次の語呂構築は1つ考えがあるのですが準伝厳選とかしなきゃなので別の記事の方が早そうです。

それではまたどこかで。長文読んでいただきありがとうございました。

このページのトップヘ