マンタインにのって

おもしろいポケモンを使いたいポケモン総合勢最弱のブログ ポケモンブログのリンク募集中です!

カテゴリ: 日記

※この記事は僕がXY、またはORASのローテーションバトルで使用した構築に関して思い出などを気の赴くままに書いたものです。
※詳しい構築の内容については記事を書いていたらリンクをつけていますのでそこからご覧ください。


【XY】
①ウルガモスタン
ウルガモスギルガルドガブリアストゲキッスニャオニクス♂マリルリ

主な戦績:第19回京大カップ4位、ローテチーム戦個人2-3、XYシーズン5 1707pt(97位)

僕が最初に作ったローテのパーティ。なんとメガシンカ無しである。あと僕が最近全く使わないギルガルドってポケモンが入っているのが個人的におもしろい。この頃はまだブログをやっていなかったのでこのパーティについては幻となっている(別ブログに掲載されているので探せば見つかる)。中身はそんな大したパーティではないが、ローテを始めて10日程度でオフ会に出て普段の僕ではありえない戦績を収めたので調子に乗ってローテを始めた。逆にここでコテンパンにされてたらローテーションバトルを僕はやっていなかったかもしれない。始めてよかった。この時ひこさんに誘われてローテのチーム戦に出た。どれかのポケモンをメガゲンガーに変えた気がするけどよく覚えていない。ローテ界隈の人にフォローしたりされたりして、せてぃぼんさんをフォローしたときにブログを拝読して京大カップで僕と対戦した旨が書いてあったのとても嬉しかったのを覚えている。その後レートもやり始め、100位以内に入ったのもレートが1700を超えたのもシングルでこの時はなし得なかったので嬉しかった。
無題
構築記事がないので要点だけ話すと、ウルガモスがおだやかHDぶっぱの地雷枠でマリルリがとつげきチョッキを持っている。あとの4体に関してはだいたい普通の型に近い。


【ORAS】
②三重ギミック
メガガルーラガブリアスサンダーシャンデラナットレイマリルリ
http://yayoi-sangatsu.blog.jp/archives/1044693953.html
③三重ギミック改
メガガルーラランドロス化身サンダーシャンデラナットレイマリルリ
http://yayoi-sangatsu.blog.jp/archives/1044759731.html
④三重ギミック ver.1.3
メガガルーラガブリアスサンダーシャンデラジャローダマリルリ
http://yayoi-sangatsu.blog.jp/archives/1061366018.html

主な戦績:こがねローテオフ準優勝、ORASシーズン12 1707pt(36位)、ローテチーム戦個人3-4、第142回週末ローテ大会優勝Rotation Champion Ship準優勝

1番自信がある構築。種族値の高いポケモンで固めてるからそれは強くて当たり前だろという感じではある。この構築はおいかぜ+トリックルームで相手のSに合わせて臨機応変にS調整をして上から高火力で殴ることがコンセプトになっている。三重ギミック改まではもう1つのギミックはナットレイのじゅうりょくだったが、最近はジャローダの両壁に変えた。壁だってギミックだから三重ギミックでいいのさ。ローテーションバトルにおけるメガシンカはメガボーマンダとメガクチートの二強であり、ガルーラは弱いという人も少なくない。しかしこの構築においてはSが100という微妙な中速で、耐久に振ると相手の攻撃をほとんど耐え、1ターンでAが2段階上がり高火力のタイプ一致技や採用できる技が豊富なガルーラが1番メガ枠にふさわしかったと思う。

この頃はトリプルバトルにはまっていたのだが、大阪ローテオフがあり、ローテ熱が一気に上がった。今までは単純に使いたいポケモンを使っていたのだがチーム戦で「とにかく勝つ」ためのパーティを考えたとき、このパーティが出来上がった。そのチーム戦では振るわなかったものの、いろいろ試行錯誤をしていくうちに自分に合った戦いやすいパーティができた気がする。最近、週末ローテ大会で初めて優勝することができた。非常に嬉しかった。
36
tournament

⑤ハガネザリガー
メガハガネールシザリガージャローダニンフィアファイアローサマヨール
http://yayoi-sangatsu.blog.jp/archives/1053800946.html

主な戦績:ORASシーズン14 1713pt(23位)

使いたかったポケモン2体が軸になったパーティ。個人的に使っていて1番楽しかったし1番対戦をした気がする。自己最高順位と最高レートを更新。
無題
この構築を使った後、僕のイメージポケモンの1体にハガネールが加えられたような気がする。あと、僕の考えた構築の中では1番反響が大きかった気がする。例えば記事をおもしろいって言ってもらえたり実際にハガネザリガーで潜ってもらったのは嬉しかった。

【終わりに】

以上。だいたいこの3つのパーティが僕が長く使っているパーティでした。サン・ムーンでローテーションバトルがあれば、また自分がおもしろいと思うことをできたらいいなと思います。

・・・でもまだサン・ムーン発売まで期間が空くし、そもそもサン・ムーンにローテーションバトルあるかわからないなあ~。もっとローテがしたいなあ~。ここまで読んでくださった方はそう思っているはず。

そんな方に朗報です。ローテーションバトルの大会がたくさんあります。

U.C.さん主催の「ローテーションバトル シーズン18」

http://uc-pokemon.hatenablog.com/entry/2016/09/11/140751
ローテーションバトルには他ルールと違ってシーズン18があるらしい!?リーグ戦なので実力が反映されやすい!ローテレートよりも対戦相手が見つかる!とても素晴らしい大会ですね!

うめqさん主催の「レベル1ローテリーグ」
http://ume9poke.blog.fc2.com/blog-entry-19.html?sp
レベル1ローテは僕も齧ったのですが、かなり奥が深い内容になりつつあります。まだ考察が行き届いていないこの環境を制するのはあなたかもしれない!特殊ルール大好きな人はぜひ参加してみましょう!

というわけで宣伝でした。ここまで読んでいただきありがとうございました。

何かありましたら当記事コメント欄かTwitter→@yayoinnocenceまでお願いします。

【前書き】
この記事はXY,ORASにおけるそれぞれのルールの「僕の」振り返りになります。環境考察とかではありません。ただの雑記です。

【シングルバトル】
BW2の頃から少しだけやってて動画も見てたのでXYシーズン1の頃からシングルバトルはやっていた。この時に大学のポケモンサークルのシングル大会に出ていわゆるガチ勢と生で触れ合うことによっていろいろと変わったと思う。水統一とマンタイン軸のパーティは本気で考察をやったと思う。特にマンタイン軸のパーティは京大カップで準優勝とかいう分不相応ないい成績を収めることができたし、レート1850達成できたので僕としてはよかった。レート1800はこれを読んでいる人からすれば非常に低い数字であろうが、僕としては実力以上の結果だと思う。マンタインでTwitter検索するのが楽しかった。


【ダブルバトル】
レートに常在している4ルールの中で1番触れる機会が少なかったルールだと思う。ダブルバトルはプレイヤーの実力が反映されやすかったのとある程度準伝を使わなきゃ戦えないみたいなイメージがあったので個人的にとっつきにくかった。エルフゲンガーとかエルテラとかもっと試したい構築はあったので、もしサンムーンをする機会があればダブルにも少しずつ手を出していきたい。個人的に1番の思い出はハロウィンの「こわいポケモン」だけが出られる大会で、かつてないほど運負けツイートをしていた記憶がある。後にも先にもこれ以上の運負けツイートをする機会がないようにしたいものである。普段真面目じゃないのにこの大会だけは考察とか真面目にして構築を考えてたから悔しかったのさ。最高レートはリザバナクレセドサイでレート1700過ぎくらい。これも僕の実力にしてみればいい結果だと思う。


【トリプルバトル】
1番やり始めたのが遅かったルール。トリプルバトルでよく使われるギミックとか何も知らない時にフレ戦で完膚なきまでにぼこぼこにされたので、PCLに出る機会がなければやらなかったに違いない。トリプルバトルは雨輪唱のパーティしか持っていないのだが突き詰めて行けたと思う。まだまだ穴は多いのでトリプル強者の人と相談して考えている。PCLでは1-1でトリプル勢の人に勝てたし(再戦で同じ人に負けたのは秘密)、チーム戦のBOQではトリプルで参加して3-1で戦えたのは嬉しかった。あの時フレ戦で負けて、頑なにトリプルをやらないと思っていたらこういう嬉しさも味わえなかっただろうし何事もチャレンジしてみるものだなあと思った。他のルールと違ってこのルールだけはまだまだレートが上げられると思うのでもし次回作でトリプルがあればレートに拘ってみたい。あるかは知らない。


【ローテーションバトル】
ORASで1番対戦したルール。オフ会にも参加したし、ローテをメインにやっている人と仲良くなれたのがよかった。そのきっかけになる大会を開いてくれたひゅーずくんに感謝。チーム戦に誘ってくれたひこさんにも感謝の念が尽きない。いろいろなメガシンカ入りの構築を試してある程度の結果は残せたと思う。それでもガチ勢に言わせればレートは低いと言われると思うけど。戦績に関して、こがねローテオフで準優勝したときとハガネザリガーで1700達成と3ページ目に入った時が嬉しかった。あとハガネザリガーとメガタブンネ軸は参考にしましたってフォロワーさんに言われたのが非常に嬉しかった。僕としてはマッチングしないとかいろいろあるけれど、とても楽しいルールだったので次回作でも続いて欲しい。


【スペシャルレート】
1番対戦したのは6on1,2番目がさかさバトルだった気がする。どちらも常設してほしいレベルでおもしろかった。逆にGSルールは僕にとっては厳選などが厳しく、優しくないルールだなあと思っていた。でもGSが1番おもしろいっていう人もいるくらいだから何とか個体を見繕って潜ればよかったかなあとも思う自分がいる。


【マルチバトル】

レーティングバトルじゃないけれど、XYで1番対戦したルールだと思う。毎週のようにやってた。変なポケモンも生み出した。こういう変なポケモンを考えていたことが他のルールにつながったかなと思う。実はマルチって勝っても負けても楽しいから神ルールなのかもしれない。


【後書き】

こうしてみればXYとORASでいろいろなルールに手を出して遊んできたんだなあと実感します。ああ、でもできることならもう少しレートで遊びたかったなあ

・・・あれ?シーズン17で終わらないルールが1つだけある????魔剤?????

【大会・ローテ】ローテーションバトル シーズン18

ローテーションバトルにはなんとシーズン18があるのです!!すごい!!

こちらはU.C.さんという方が主催している「ローテーションバトル シーズン18」という大会です。もちろん実際にシーズン18があるわけではないのですが、レートが休止している期間にローテーションバトルの総当たり戦をすることによって疑似的なレートみたいに順位を決めようという企画です。対戦相手が見つからないこともほぼないし、リーグ戦なので実力が反映されやすい。いや~よい。素晴らしい。

長期間で行われる大会ですので忙しいよー!という方でも1日にまとめて対戦を消化しやすいと思います。ぜひ興味のある方は参加してくださいね!僕も出たいなと思います!詳しくは上記の大きな文字から記事をお読みください!


というわけで最後は宣伝を挟みましたが振り返りでした。どのルールも楽しかったし、実力がないなりにそれなりの結果を残せたかなという印象です。ほんとにそれなり程度だけれど。サンムーンでも何かおもしろいことができたらいいなあ。


以上、何かありましたらTwitter→@yayoinnocenceか当記事コメント欄までお願いします。

こんばんは。いろいろな人がローテーションバトルについて記事を書いているのでそれに触発されて書きたいと思いました。もちろんブログやツイッターでローテーションバトルについて語ってる人は経験、実績ともに僕なんかより遥か上を行く人たちばかりです。でも書きたかったので書きます。

僕は今のORASのレートのルールではローテーションバトルが1番好きです。

これは他のルールが嫌いだからという理由ではありません。

シングルバトルは比較的いろいろな人と戦えますし、ORASで行われているさまざまな大会はほとんどシングルだと思います。また個人的にいろいろなポケモンが1番活躍できるのはシングルバトルだと思っています。
ダブルバトルは公式大会でよく扱われているルールです。よく実力が反映されやすいとも言われるように思います。
トリプルバトルは奇想天外ギミックや、Lv.50に満たないポケモンがよく見られたりするなど目に入る映像がとってもおもしろいなと個人的に思います。

ではどうして僕はローテが好きなのか。

①劣勢からの逆転が他のバトルより起こりやすい
ローテーションバトルの性質上択を当て続ければ相手の有利を取ることができます。たとえ自分が不利な状況でもそこから読み当てて行って逆転ということはありえます。逆転して勝ったときの快感はすごいです。そういうことができるローテが僕は好きです。

②おもしろいポケモンが上位でも見られる
トリプルと同じようにローテではわりと上位でも使用率TOP12以外のポケモンが見られることがあります。イシツブテだったり変な虫ポケモンだったり、神(オンバーン・ガメノデス)などなど。おもしろいポケモンがたくさん見られるのが僕は好きです。

③強者との距離が近い
ここからは自分語りですが、僕は1年半くらい前からローテーションバトルを始めました。始めた理由というかきっかけは初心者ながらローテの大会にでてベスト4で、ローテレートでもいい結果が出たからです。当時マルチバトルばっかりやっててシングルもダブルも弱い僕でもローテは結構戦えるじゃん!と思ったからです。
そのあとは知り合いのローテ勢の方にチーム戦に誘っていただき、たくさんのローテ勢の人とTwitterで絡むようになり、対戦や考察をたくさんするようになりました。ローテをやってなかったらいろいろな出会いはなかったでしょう。ローテは過疎ですが、狭い界隈で特殊なルールに関して強い人と話し合うことができたり、実力が現時点で皆無でも身近に存在している強者と普通に対戦できるという点が僕は好きです。

だいたいこの3つですね。僕の文章が下手で魅力を10%も伝えられてないなぁと思います。

でも1年前に「ローテーションバトルのすすめ」っていう記事を書いたときよりも1年間通してもっとローテーションバトルが好きになった、それだけは確かです。

もしこの記事を読んでローテに潜りたいと思う人が増えてくれたら嬉しいです。










またどこかで、ローテレートで会いましょう。

今年も本日よりプロ野球開幕!ということで順位予想をしたのですが、せっかくなのでフォロワーさんでリプをくれたポケ勢の順位予想をまとめました!

【セ・リーグ】
yosou ce

ヤクルト・阪神・巨人を上位にする人が多いですが割と順位に関してはばらつきが出ておもしろいなと感じました。今年のセ・リーグも混戦になりそう?
ちなみに僕はDeNAファンですが、去年あれだけポジってて失速した割に補強が・・・という感じで今年は厳しいかなと予想。でももちろん今年も最後の1試合までDeNAを応援します!ちなみに今年がベイスターズファンになって10年目です!

【パ・リーグ】
yosou pa

ソフトバンク・日本ハムが1,2位で楽天が6位の予想が多かったです。ソフトバンクは去年のような圧勝を見せられるのでしょうか?今年は混戦になるのを期待しています!

さあ当たる人は出るのでしょうか?2016/3/25の18:00まで順位予想受け付けているので順位予想を載せてくださる方は是非Twitter→@yayoinnocenceまで!セ・リーグ、パ・リーグ片方だけでも構いません!


【追記】
結果
~セリーグ~
1位 広島
2位 巨人
3位 DeNA
4位 阪神
5位 ヤクルト
6位 中日

~パリーグ~
1位 日本ハム
2位 ソフトバンク
3位 ロッテ
4位 西武
5位 楽天
6位 オリックス

ピタリ賞はなんと該当者なし!1位を当てられたのはラミナさん、時雨さんでした!おめでとうございます!

※この記事は1年前の新歓の際に僕がサークルの会誌に寄稿した「ローテーションバトルのすすめ」の内容とほぼ同じ記事になります。(一応ブログに書き込む際に訂正したりしてます)

※僕はローテ強者ではないので見る人が見れば「それは違うぞ」と思われたりするかもしれませんがその時はこっそり教えてください。


こんにちは。弥生と申します。

皆様は普段ポケモンバトルと聞いてどのようなルールを思い浮かべるでしょうか?シングルバトルでしょうか?それともダブルバトルでしょうか?

ここで「ローテーションバトル!」という人はおそらく少数でしょう。そもそもローテーションバトルをXYのレストランにおけるレベリング以外でやったことがないという人もいるのでは ないでしょうか。というわけで今回は私がローテーションバトルの楽しさについて語りたいと思います。

Ⅰ.初心者にもおすすめ!

ローテーションバトルはその性質上、選出されたポケモンの3/4が判明しています。シングルは1/3、ダブルは2/4だから他のバトルに比べて相手の裏にいるポケモンを推理しなくていい分立ち回りが楽だと言えるのではないでしょうか。またローテーションバトルは基本的にシングルバトルのポケモンが流用できます!サザンガルドマリルリバナアローみたいな、相性補完に優れたパーティならばシングルの流用でも十分戦えるのです。


Ⅱ.実は運ゲーではない?

「ローテーションバトルなんてじゃんけんじゃないか!じゃんけんみたいな運ゲー絶対おもしろくないぜ!」という声をよく聞くことがあります。これは半分正解で半分間違っていると僕は思います。

まず、間違っていることについて。ローテーションバトルも運の要素を極力排除することができます。その運の要素を排除するにはどうすればいいのでしょう?ローテーションバトルでは壁張りからの積み技で高火力のポケモンを作り出し、一貫性を作る戦法をとられることがしばしばあります。また相手のポケモンが高速アタッカーばっかりだったら相手を麻痺にする電磁波が一貫しますし、相手のポケモンが物理よりのアタッカーばっかりだと相手を火傷にする鬼火が一貫します。このようにローテーションバトルはただの運ゲーなのではなく「相手より早く一貫性を作り突破するゲーム」という側面があると思います。

この「一貫性を作る」ということについて、わかりやすい例は、はらだいこをしたマリルリのアクアジェットで全抜きを狙ったり、つるぎのまいでこうげきを上げたファイアローのブレイブバードで全抜きを狙うことです。

一貫性①

上のわかりやすい図のように、 2回つるぎのまいをした(Aが4段階あがった)特性:はやてのつばさのファイアローによる優先度+1のブレイブバードではこれらのポケモン(メガガルー ラ・サザンドラ・ゲンガー)はなす術なく倒すことができます。これが「一貫性を作った」ということです。(追記:当時の私はガルーラの不意打ちを考慮して なかったり、反動ダメのこととか考えてなくてここらへんガバガバでしたでもまあ)もうここまできたら運の要素はほとんど排除されていると言っていいでしょ う。

では正解なこととは?ローテーションバトルは突き詰めていくと択ゲーになります。ローテは運ゲーじゃないと前述しておいてなんですが、一貫性 を作るまではじゃんけんであり、上から5割のこんらんや、6割のひるみゲーをされることもあります(例えばいたずらごころいばる、オニゴーリのむらっけ、 スカーフキッスのエアスラッシュなど・・・) でもこれはポケモンバトル全般に言えることです。シングルバトルやダブルバトルに関しては読みあいという言葉が使われますが、ローテーションバトルも同じことなのです。最終的にポケモンは運の質が違うだけでどれも運ゲー。
運ゲ
こいつらめ。

(追記)1年前はこのように思っていたのですがぱくれつパンチやエアスラで相手を他のポケモンの技の圏内に入れたりするという考えもあるのだなあと思いました。いばるは知らない。

Ⅲ.レートを上げやすい?

ローテーションバトルは人口が少ないので少ない対戦数で上位に上がることが可能で す。(マッチングするかはまた別の問題ですが・・・)またレートがそんなに高くなくても順位を高くすることができます。例えばΩR・αSリーグのシーズン 8において100位のボーダーラインが1676ptです。ちなみに人口が一番多いシングルバトルだと、2199ptです!これだけ聞くとすごく楽そうに聞 こえますね!(実際はそうでもなかったりするのですが・・・)かくいう私もローテ始めてすぐのシーズンで100位以内を達成したりしているので、初心者で もレートの順位を上げるチャンスはたくさんあると思います。


↑ちなみにORASシーズン13においては100位のボーダーラインはローテ1613pt,シングル2108ptでした。

Ⅳ.おもしろい戦法が取れる?

ローテーションバトルはそのバトルの特性から、シングルバトルで結構使われるステロ吠えるや、滅びゲンガーなどの戦法が取りづらいです。しかし、トリックルームやじゅうりょく+催眠、天候パーティといった戦法は非常にやりやすいと言えるでしょう。そのため、普段みられないような技やポケモンを見ることができるのです。

たとえば「まねっこ」という技 があります。まねっこという技は敵味方にかかわらず最後に出された技を出す技です。この特徴を生かして、すばやさの遅いモロバレルでキノコのほうしを使っ た後、次のターンおそらく交代してくる(ここは読みあいになるのですが)別のポケモンに対していたずらごころによる優先度+1まねっこでいじっぱりHA振 りはやてのつばさファイアローの上からキノコのほうしを打つことができるのです。わかりやすい図が下の図ですね。わかりやすいですね。うん。

ああ

↑(結局この戦法を見たことはなかった)

また、いろいろなポケモンが活躍できる場所ともいわれています。Wi-Fi対戦をしていると普段対戦で見られないポケモンと遭遇できるかもしれません。

集合写真

というわけで今回はローテーションバトルについてお伝えしました。みなさんローテーションバトルを一緒にやりましょう!プレイ人口少ないんです!お願いします!楽しいから!

 

読んでいただきありがとうございました。次はローテレートでお会いしましょう。


【合わせて読んでほしい記事】

僕より文章が上手だったり実力が上の人が書いている記事になります。もし僕のこの記事でローテに興味を持ったり、この記事だめやなって思っても一読する価値ありです!読み物としても非常に面白いです。

・かちゅーしゃさんのブログ、猫の手八丁口八丁より「ローテのやわらかいはなし」→ http://blog.livedoor.jp/katushy/archives/23877878.html

・かちゅーしゃさんのブログ、猫の手八丁口八丁より「【ローテ】モリスさんそれは2連まもるです!ローテの仕様あれこれ」→ http://blog.livedoor.jp/katushy/archives/22889012.html

・アティエスさんのブログ、無力の証明より「ローテについて思うこと、立ち回り、択、楽しみ方【立ち回り考察】」→ http://d.hatena.ne.jp/aties19/20160126/1453824071
・きゅんさんのブログ、きゅんきゅーんするね(*’∀’人)♥*+より「【ローテ】ローテはじゃんけん、とは言うものの。」→ http://ameblo.jp/kyun-karakara/entry-11806941731.html

以上、何かありましたらTwitter→@yayoinnocenceかここのコメントまで。

追伸:ローテ嫌いを増やしたであろうモリスを許すな
も
ばいばい

このページのトップヘ