マンタインにのって

おもしろいポケモンを使いたいポケモン総合勢最弱のブログ ポケモンブログのリンク募集中です!

カテゴリ: 大会

※この記事はRCSという大会に参加してきたよという記事と、6世代ローテに関しての総括、自分語りです。

さこみんさん主催のRotation Champion Ship(以降RCS)に参加してきました!

Cb6AQc0UYAAsPr2

RCSについてはこちら→http://ch.nicovideo.jp/sakomin25/blomaga/ar1122747

RCSとは六世代の回転盤の王を決めよう!!!というのがコンセプトらしいです。参加資格はORASのシーズン7~17のいずれかシーズンで最終レート1800達成者・第110回週末ローテ大会以降の週末大会の優勝者RCS予選の上位2人というもの。

私のORASローテ最高最終レートは1713なのですが、週末ローテ大会で1回だけ優勝したことがあるので参加資格がありました。僕はローテ界隈ではどちらかというと実績もないですが、ローテが強い人たちとこういう大会で戦いたいと思い参加しました。最後にこんな舞台で強者と戦えるんだもの。参加しない理由がないよね!

【使用構築】
三重ギミックver1.3
index
持ち物 特性 性格 努力値 技1 技2 技3 技4
メガガルーラ ガルーラナイト きもったま→おやこあい いじっぱり HAS調整 すてみタックル ふいうち れいとうパンチ グロウパンチ
ガブリアス いのちのたま さめはだ いじっぱり ASぶっぱ じしん ドラゴンクロー がんせきふうじ つるぎのまい
サンダー ゴツゴツメット せいでんき ずぶとい HBぶっぱ 10まんボルト ねっぷう はねやすめ おいかぜ
シャンデラ きあいのタスキ すりぬけ ひかえめ CSベース シャドーボール だいもんじ ちょうはつ トリックルーム
ジャローダ ひかりのねんど あまのじゃく おくびょう CSベース リーフストーム リフレクター ひかりのかべ いえき
マリルリ オボンのみ ちからもち いじっぱり HAベース じゃれつく アクアジェット かわらわり はらだいこ

週末大会で優勝したときの構築をそのまま持ってきました。ただしシャンデラのおにびをちょうはつに変えています。理由は味方のせいでんきサンダーとのシナジーが少し薄いなと思ったのと、純正トリルにぼこぼこにされそうな気がしたのでトリル安定の場面でトリルを防ぐためです。これは対ギルガルドやクレセリア、ポリゴン2などの最後の詰め筋としても有効だと考えます。

【予選】
第1試合 vs こまちさん(メガボーマンダ軸)
選出:ガルーラ/ジャローダ/ガブリアス 裏サンダー
初手でボーマンダ読みのれいとうパンチを打ったものの不発に終わり、メガガルーラが手負いになってしまい、2ターン目でメガボーマンダが一貫してしまう。2ターン目にリフレクターを張ってジャローダが退場。これが非常によかった。そのあとは後続の物理受けゴツメサンダーが相手のポケモンにかなり刺さっており勝ち。

こまちさんの構築記事→ ローテS18&RCS使用PT こまち式メガマンダ

第2試合 vs わたらいさん(バシャナットゲンガー)
選出:ガルーラ/シャンデラ/ガブリアス 裏マリルリ
初手で相手のゲンガーを凍らせるものの、こちらのメガガルーラがまたも手負いになってしまう。相手は高速アタッカーばかりだったので、2ターン目でトリルを張る。その後ガルーラで1体倒し、ナットレイが出てきていろいろ縛られてしまったものの、最終的にトリルが切れ、相手の霊獣ボルトロスがこだわり系アイテムでこちらのガブリアスを突破できない状況から択勝ちしていき最終的に勝利。

第3試合 vs かぎっこさん(メガボーマンダ軸)
選出:ガルーラ/ガブリアス/サンダー 裏シャンデラ
れいとうパンチをおそらく知らないと思ったのでれいとうパンチを選択した初手。相手の霊獣ボルトを倒すことができたのが大きかったように思う(メガガルーラはまたも手負いになった)。その後も積まれないように気を付けながら択を当て続け勝利。この勝負もサンダーが刺さっていた気がする。

第4試合 vs nanさん(クレセクチート+重力ギミック)
選出:ガルーラ/ガブリアス/シャンデラ 裏サンダー
nanさんのパーティはクレセとエルフーンで重力催眠をしてくるパーティ。正直このパーティは重力催眠の対策は怠っていたものの、2度草笛を受けて2度最速起きして択を当てて勝利。とても運勝ちだった。3度目の重力はシャンデラに入れた挑発で阻止。挑発はクレセリアに刺さったのでやはり入れててよかった。

nanさんの構築記事→ 【ローテ】Rotation Championship使用構築〜重力ボルトガブクチートfeat.なんたこすがおいしい季節〜

第5試合 vs れもんあめさん(ガブボルトブルンクチート)
選出:ガルーラ/サンダー/ガブリアス 裏シャンデラ
れもんあめさんのパーティはいつものれもんあめさんらしい並び。初手ひるまずにキッスを削ることに成功、2手目にブルンゲルを凍らせることができてとても運がいいと思っていたのだが、凍らせたブルンゲルによってガルーラのれいとうパンチとガブのがんせきふうじが呪われてしまいトゲキッスが本格的に止まらなくなってしまう。キッスに翻弄され、思うような動きができず、クチートに削られて最後はキッスに掃除をされて負け。お互いの運の良さを見せつけあう勝負になってしまった。

2e4444e48483a1b7ba186859dd51edba0cd82209
この結果4-1で決勝トーナメントに出られることに。正直勝ち上がるとは思っていなかったからとても嬉しかったです。

【決勝トーナメント】
1回戦 vsジオットさん(メガガルーラ軸)
選出:ガルーラ/マリルリ/シャンデラ 裏サンダー
BV:82SG-WWWW-WW57-WYZV
さすがガルーラ軸。結構似ているパーティだった。初手でゲンガー読みのふいうちがサンダーに入って静電気を引いてしまったものの、その後タスキゲンガーを削ることができ、シャンデラトリックルームからのマリルリのじゃれつく×3とアクアジェットで勝利。麻痺のしびれを引かなかったり、じゃれつくを外さなかったり、いい乱数を引いたり、負けに直結する低い確率を全く引かなかったのは運が良かったと思う。

ジオットさんの構築記事→ ローテチャンピオンシップ総括

準決勝 vsヒシンさん(メガボーマンダ軸)
選出:ガルーラ/ガブリアス/シャンデラ 裏サンダー
BV:EJ6G-WWWW-WW57-WLJ6
準決勝はローテの番人ヒシンさん。ギルガルド+エルフーン+エンテイ+ボーマンダというレートでよく見たパーティ。初手でスカーフエンテイにやけどを入れられるものの珠ガブの地震で削ることができた。2ターン目は読みを外してガブリアスをボーマンダに突破される。トリルからのれいとうパンチが一貫してるので3ターン目にトリルを貼ってれいとうパンチ。草笛を外したエルフーンを突破。4ターン目に裏のギルガルドのキングシールドに合わせて挑発を入れてギルガルドの行動を縛り、トリルが終わるターンに追い風を合わせてシャンデラのシャドーボールでシールドフォルムに戻れないギルガルドと手負いのボーマンダを倒して勝利。草笛が当たっていたら展開は変わっていたがヒシンさんも一発でやけどを引いたので許してほしい。

ヒシンさんの構築記事→ 【ポケモン】【ローテ】ボーマンダ・ギルガルド・ボルトロス軸PT【第147回週末ローテ優勝など】

決勝 vsれもんあめさん
選出:ガルーラ/ジャローダ/マリルリ 裏シャンデラ
BV:QQHG-WWWW-WW57-WSV3
これまでの対戦と違い、予選で当たっており、れもんあめさんのパーティがわかってるので選出を考える時間がありました。れもんあめさんは予選と同じキッス+ボルト+ブルン裏クチートで来ると予想してました。正直、パーティ同士の相性がとても悪かったので、択を当て続けながらスカーフキッスのエアスラひるまない戦い方が求められていました。無理無理無理無理。そのため、1回択を当てることで五分五分まで持って行けるマリルリの腹太鼓でどうにかしなければならないと思いました。
最初に考えた並びはガブサンダーマリルリ。ボルトに10まんボルトを打たせるのを躊躇させる並び。でもこの並びはトゲキッスのトリックを呼びやすい・・・。というわけで苦肉の策としてキッスのエアスラを呼び、トリックはさせるのを躊躇わせ、ボルトロスの10まんボルトを躊躇させる並びとしてガルーラ+ジャローダ+マリルリの並びにしました。ガルーラがれいとうパンチをもっていることは既に知られており、それを考えたらボルトロスも回しにくいかなと考えた末の並びでした。そして局面がまっさらな状態でこそ1番成功しやすいのではないかと思ったので初手「はらだいこ」まで決めて対戦に挑みました
対戦は・・・はい。初手はらだいこを完璧に読まれました。そのままボルトの10まんボルトとエアスラッシュで押し切られ負け。結局1回も動けなかった・・・。反省点としてはシャンデラじゃなくてサンダーを連れていくべきだったかなと思います。はらだいこに関してはもう決めて行ったことですしあれだけお膳立てして読まれたので仕方ないと思います。択を当てることを怠ってはらだいこで横着しようとしたと言われればそれまでですが、結局はプレイングの差だったように思います。6世代最強はれもんあめさん、みんな異存がない結果だと思います。おめでとうございます!

【結果】
というわけで、結果は準優勝!正直こんなレート1800も達成したことないプレイヤーがここまで来られたのは上出来もいいところです。ORASローテ最強を決めると銘打たれた大会の決勝で僕が戦えたのはとても嬉しかったです。でも決勝で負けたのはとても悔しかった!

【終わりに】
大会を開催してくださったさこみんさん!運営のでぃーちょさん、ひこさん、かずのこさん、滞りない大会運営をありがとうございました!また対戦してくださったこまちさん、わたらいさん、かぎっこさん、nanさん、ジオットさん、ヒシンさん、れもんあめさんありがとうございました!

以上、何かありましたらTwitter→@yayoinnocenceかこの記事のコメント欄までお願いします。

ここまでがRCSの記事になります。以下ローテーションバトルについての自分語りです。興味がある方だけどうぞ。



【総括】
せっかくなのでローテーションバトルについて少し自分語り。他の記事でも若干触れた気がしますが。

僕がローテを始めたきっかけは、ポケサーの関係で付き合いがあったひゅーずくんがローテの大会を開いたことでした。僕が所属していたポケサーは誰もローテをやってる人がおらず、誰も参加しないのなら僕が参加しようかなと思ったのです。この大会がなかったらおそらくローテをやってなかったでしょう。そして、その大会でたまたま予選を抜けて、3位決定戦でスクリーンに対戦が映される今までにない経験をしました。とっても嬉しかったのを覚えています。そこでローテに興味を持ちました。シングルもダブルも弱いけどローテなら僕でも勝てるのかな?みたいな。そこでボロ負けしてたら心が折れてローテをやってなかったと思います。大会を開いてくれたひゅーずくんありがとう。

次の大きな転機は2014年11月に開かれた、きゅんさん主催のローテチーム戦でした。ローテ初心者で他のルールもあまりやらない育成勢の僕を誘ってくださったひこさん、僕が初心者だと知っていてチームに入れてくださったそりまちさんありがとうございました。また、チーム戦のアナウンスがされた後、たくさんのローテ勢の人たちが僕のTwitterをフォローしてくれました。当時の僕はローテ界隈やローテ勢みたいな人たちの存在を全く知らなかったのでびっくりしました。その時フォローをくれた皆さん(ほんとにたくさんフォローをいただいたので全員覚えていないのは秘密)、とても暖かく迎えてくださってありがとうございます。ひこさんやそりまちさん、この時フォローしてくださった人たちが僕みたいな初心者にも優しかったからローテが好きになったし、続けようと思いました。

その次が2015年5月の大阪でのオフ会ですね。鉄人の店に行ったやつです(リンク参照)。あれが僕の初めてのオフ会でした。ローテで無名で実績もありませんでしたが、たくさんの関西ローテ勢のみなさん(と島勢のわたらいさん)と話すことができました(でぃーちょさんには話しに行けなくて後でとても後悔した)。このオフがとても楽しかったから次以降の関西ローテ勢とのオフ会には極力参加しようと思い、実際たくさん参加させていただきました。焼肉とってもおいしかった。新年会も楽しかった。全部楽しい思い出として記憶しています。関西ローテ勢のみなさまありがとうございました。

こうしたローテ勢との積み重ねがあって、大阪ローテオフ、こがねローテオフ、京都ローテオフといった対戦オフに参加したり、週末ローテ大会に出てみたり、今度は違う人とチーム戦に出てみたり、そこでまた知らないローテ勢とのつながりができて仲良くなったりしました。それこそ1人1人名前を出すと終わらないくらいたくさんです。対戦→知り合いができる→対戦→・・・という循環に関してはとてもいいサイクルができていたなぁなんて思っています。

僕もローテを布教する側に立ったりしました。あまり布教が上手じゃなくておもしろさを伝えられなかったように思いますが、それでも何人かの人は一緒にローテをやってくれました。なかまさくんとかBellくんとかユウキくんとかジュンくんとか。ローテを始めてみたよ!って人たちと対戦できたのはとても嬉しかったです。

自分のレートに関しては最高レート1726(最高最終レートは1713)という何とも言えない低い数字で終わり、週末大会も最後の方でようやく1回優勝という感じでしたが、最後にRCSで自分にとってできすぎた戦績を刻むことができました。マルチ勢・育成勢から少しだけ対戦勢になれたのかなって感じです。

サン・ムーンの発売とともに対戦環境は第7世代へと移行します。ローテーションバトルの存在についてはほぼ絶望的であると言えるでしょう。ローテ勢の方々も第7世代ではシングルやダブルなどのルールをメインにしたりストーリーを楽しんだりすると思います。もし、僕がサン・ムーンを買ったら一緒に何かできたらいいなと思います。

そしてサン・ムーンを買わないローテ勢の方とも何か一緒にできたらいいなと思います。僕はローテーションバトルが好きなだけでなく、一緒にこのゲームで盛り上がったローテ勢がとても好きです。また何か共通のもので盛り上がれたら僕は幸せだなぁと思います。たまには6世代に戻って回転盤を再起動するのもいいかもですね。



これからもずっと、どうかよろしくお願いします。

U.C.さん主催のローテシーズン18に出場しました。この記事は対戦で使用した構築の並びと考えたことについて書き連ねた記事となります。構築の詳細については記事があまりにも長くなってしまうのでTwitterやコメント欄で聞かれたら答えることにします。ローテもう終わるし対戦相手の方以外必要なさそうだけど。

ローテシーズン18についてはこちら→ http://uc-pokemon.hatenablog.com/entry/2016/09/11/140751

【予選→本選】

予選メガニウムブロックでは6勝3敗だったものの直接対決の結果3位。その結果本選はレックウザブロックで戦うことに。全体1位はなくなったので、せっかくだから今までの集大成としていろんなメガ枠を使いたいと思い、レックウザブロックでは対戦相手全員に違うメガ枠で挑むことにしました。ローテシーズン18はランダムマッチを疑似的に再現してるのでランダム性を重んじて「どの対戦相手にどのメガ枠を使うか」は抽選で選ぶことにしました。

【個人ルール】
それぞれ違うメガ枠を使う。そのメガ枠の8体については自分であらかじめ決めてよい(新規育成が面倒だったから)。そのため、メガガルーラ・メガクチート・メガボーマンダ・メガハガネール・メガチルタリス・メガヤドラン・メガハッサム・メガユキノオーの8体にした。
誰にどのメガ枠を使うかは抽選で決める(まあこれは証人がいないけどちゃんとやりました。信用してください)
以上。

【対戦内容】
第1戦 vs澪田ディンさん
チルタリス
(選出)チルタリス+サンダー+シャンデラ 裏シザリガー
din mioda
(選出)エルフーン+キュウコン+クレセリア 裏ガブリアス

澪田ディンさん戦。抽選で引いたのはメガチルタリスでした。そのメガチルタリスが相手の構築にめちゃくちゃ刺さっていたので選出。メインアタッカーがどちらも物理っぽかったので物理受けサンダーも選出。エルフーンを止め、クレセリアを突破できるシャンデラも選出。最後の詰めとして鉢巻シザリガーを選出。対戦は、メガチルタリスとシャンデラで相手のだいたいのポケモンを削ることができ勝利。キュウコンがもらいびのことを考えると初手のだいもんじは悪手でした。

第2戦 vsマブスさん

ハッサム
(選出)ハッサム+シャンデラ+サザンドラ 裏ファイアロー
mavs
(選出)クチート+キノガッサ+サザンドラ 裏ファイアロー

マブスさん戦。抽選で引いたのはメガハッサムでした。見せ合いの段階で相手のキノガッサとファイアローが重すぎてどうしようもありませんでした。対戦はダメージ感覚もガバガバでファイアローに一貫を取られて負け。予選でのリベンジを見事に果たされました。ライコウは刺さってないけれどファイアローのために連れていくべきでした。結局ハッサムはうまく使えなかったなあ。

第3戦 vsアニマロッサさん
ボーマンダ
(選出)ヒードラン+ジャローダ+ポリゴン2 裏ドサイドン
animarossa
(選出)メタグロス+Wロトム+シャンデラ 裏ブラッキー

アニマロッサさん戦。抽選で引いたのはメガボーマンダでした。初めて使うメガ枠。見せ合いの際時間が足りなくなってしまい思ったような選出ができませんでした(結果的にそれがよかった)。お互いこちらは択を完璧に当てなければならず、アニマロッサさんはポリゴン2を倒せない選出で序盤グダってしまいましたが、Wロトムがポリゴン2を縛りに来る読みでジャローダをピンポイントで回すことができ勝利。そのターンの読みを外していたらそのままWロトムに押し切られて負けていたと思います。

第4戦 vsてんてんさん
ユキノオー
(選出)ユキノオー+サザンドラ+ヒードラン 裏ドサイドン
tenten
(選出)ニャオニクス♂+Wロトム+ボーマンダ 裏ニンフィア

てんてんさん戦。抽選で引いたのはメガユキノオーでした。メガユキノオーの仮想敵である水ロトムとボーマンダがいたので選出、ギルガルド・ニンフィアに強いヒードラン、ニャオの壁のタイミングでダメージを与えられるサザンドラまで確定。裏はファイアロー・ボーマンダ・ニンフィア・ギルガルドに強めなチョッキドサイドンという消去法で選出。試合内容はてんてんさんが壁や竜舞をしている隙にメガユキノオーの剣舞を積んで、途中取り返されるも、最後は択ゲーを制し勝利。ローテらしさが出た、間違いなく個人的にシーズン18の中で1番おもしろかった勝負でした。

思わず録ったBV→ EZ9W-WWWW-WW56-KDBL

第5戦 vs律輝さん
ハガネール
(選出)ハガネール+ジャローダ+ファイアロー 裏サマヨール
ritsuki
(選出)ボルトロス+ガブリアス+トゲキッス 裏ファイアロー

律輝さん戦。抽選で出たのはメガハガネールでした。そのメガハガネールがとても刺さっていたので選出。重力トリルをしたら止まらないと思ったので裏サマヨール、最初の方はジャローダで壁なり貼ってアドを取ろうと思っていたのでジャローダも選出、キッスとパルシェンが重かったのでファイアローも選出という感じでした。初手トゲキッスで来ると思いブレバを打ったのですが、ボルトロスを合わせられました。終わったと思ったのですがボルトロスはきあいだまを選択。思い切りのいい行動でしたがお互い択ミス。珠ダメージが入らないのを見てこだわり系だと自分の中で確定。その後はファイアローのブレイブバードで相手を削っていき、最終的に重力トリルからのメガハガネールの地震で勝利。レートで当たったときは負けましたが、うまくリベンジできました。

第6戦 vsナノカさん

ヤドラン
(選出)ヤドラン+ナットレイ+ゴルーグ 裏ファイアロー
nanoka
(選出)エルフーン+マンタイン+ヌオー 裏クチート

ナノカさん戦。抽選で引いたのはメガヤドランでした。ナノカさんのパーティはかわいいポケモンが多い印象。ですがアンコールを覚えるポケモンが4体もおり、積みポケのヤドラン、ファイアロー、ナットレイ、ニンフィアは非常に出したくなかったです。しかしフェアリー2体にサザンドラを出すわけにもいかず、かなり変な選出になりました。それでもナットレイがめちゃくちゃ刺さっていたのでナットレイで削って、眠るで回復してアンコールを避けてたらいけるかなと思っていました。対戦は、雨下のエルフーンがぼうふうを打ってくる展開でさすがのナットレイもかなり削られてしまいました。ナットレイをねむるで回復しようと思ったターンにメガクチートではたきおとすをされナットレイが眠りにつき、その後はファイアローにもうまく択を合わされクチートで4タテされました。ナノカさんのこのパーティは共通の知り合いのイメージポケモンで固められた構築で、仲のいい知り合いに殴られている気分になるとても恐ろしい構築でした。ヤヨイ、ゴルーグ、ヤメマス。

第7戦 vsわたらいさん
クチート
(選出)オンバーン+ニドキング+クチート 裏シャンデラ
watarai
(選出)ボルトロス+マリルリ+ギルガルド 裏ホルード

最終戦はわたらいさん戦。抽選で引いたのはメガクチートでした。クチート軸で使ったことがあるのが神々の並び立つ構築しかなかったし、最後の大会だし使いたいと思いオンバーンとガメノデスを構築に入れました。あとはいつもの補完要因。最後のピースはニドキングが入りました。対戦は、みずびたしマリルリに翻弄されるも、クチートで積んでふいうちを打って勝利。ぼうふうをきちんと当てたオンバーンは神でした。ガメノデスはちょっと選出できなかった。残念。

【戦績】
予選6-3(ブロック3位)
本選6-2(ブロック2位)

僕にしてみればかなりいい結果でした。特に予選ブロックは死のブロックだった・・・。本選ではたくさんの構築で初めて戦う相手と戦えたのでよかったなーと思います。ちなみに1人棄権されたので使わなかったのはメガガルーラだったのですが、この構築は奇しくもRCSで使っている構築でした。そちらについても記事を書きますのでよかったらご覧ください。

【最後に】
大会を開いてくださったU.C.さん、運営大変お疲れ様でした(この記事を書いた時点ではまだ終わってないけど)。対戦してくださった予選メガニウムブロックのみなさま、本選レックウザブロックのみなさま、対戦ありがとうございました!ローテは終わるけれどまた何か対戦できたら嬉しいです。

うめqさん主催のレベル1ローテリーグに参加してきました!レベル1のポケモンだけでローテーションバトルをする大会です!

ルールに関してはこちらを参照→ http://ume9poke.blog.fc2.com/blog-entry-19.html
うめqさんによる考察→ http://ume9poke.blog.fc2.com/blog-entry-16.html
シュガーさんによる参加可能ポケモン一覧→ http://ameblo.jp/sugar30199/entry-12202247894.html

【構築を組むまで】
このルール、最初は天候パが強いと思って3番目に好きなマンタインというポケモンを使っていたのですが、雨は手動になってしまい1ターン稼がれ、その間に出場者間で話題になっていた腹太鼓神速ドーブルなどに積まれたら対処できなくなると思い断念。(だったら晴れでもいいじゃん?僕もそう思います)その結果、1ターン目から効果力で相手に圧をかけていったり、1回積むとだいたいのポケモンを倒せるポケモンで構築を組むことにしました。

【パーティ紹介】

index
①エルフーン@きあいのタスキ(NN:ゆーしーさん)
特性:いたずらごころ
性格:おくびょう
実数値:12-5-7-6-6-7
技:アンコール/ちょうはつ/おいかぜ/ギガドレイン
whimsicott
このルールにおけるキーポケモンだと思う。基本入れない理由がない。まずSが7なのでだいたいのポケモンと同速、もしくは上を取れる。このポケモンがいるだけで補助技の牽制ができるのが強かった。またS操作までできるのも強いと思う。ギガドレインの枠は他の技でも良さそう。

②メガヘラクロス@へラクロスナイト(NN:なし)
特性:こんじょう→スキルリンク
性格:いじっぱり
実数値:12-7-6-4-7-7(12-9-7-4-7-6)
技:ロックブラスト/タネマシンガン/ミサイルばり/かわらわり
heracross-mega
このルールのトップメタと思っていたがそうでもなかった。強すぎるポケモンはヘイトを集め環境に住みづらくなる。強いことは強いのだが、後述のパルシェンと役割が被りすぎていたので他のメガ枠を模索するべきだった。強力な先制技がなく、Sがメガ後は6になってしまうメガヘラクロスは現環境に刺さってないと思う。

③パルシェン@きのみジュース(NN:メガゴース)
特性:スキルリンク
性格:いじっぱり(がんばりや推奨)
実数値:12-7-8-6-6-6
技:からをやぶる/ロックブラスト/つららばり/ハイドロポンプ
cloyster
このルールのトップメタと思っていたがメガヘラクロスよりは強いと思う。レベル1ローテは弱点の技を受けるとそれが致命傷になってしまうので氷タイプはあまりアドバンテージが取れないがそれでも強かった。

④グライガー@オレンのみ(NN:なし)
特性:めんえき
性格:わんぱく
実数値:12-6-7-5-6-6
技:じしん/アクロバット/おいかぜ/あまごい
gligar
タイプが優秀なので入れた。メガヘラクロスに強いのとタイプ一致地震が打てるのは非常に強みだと思う。晴れ炎技を耐えないのであまごいは入れるべきではなかった。実数値が低いので扱いが難しかった印象。

⑤エレザード@こだわりメガネ(NN:さかいいずみ)
特性:かんそうはだ
性格:おくびょう
実数値:12-5-6-7-7-7
技:10まんボルト/かみなり/なみのり/きあいだま
heliolisk
対マリル最終兵器。このポケモンがいるとほぼマリルが選出されなかった。眼鏡10まんボルトは微妙に火力が足りないが、眼鏡雷だと相手のポケモンを確定で持って行けたりするらしい。普通に強かったと思う。

⑥ハブネーク@こだわりスカーフ(NN:はぶよしはる)
特性:すりぬけ
性格:まじめ
実数値:12-7-6-7-6-6
技:いのちがけ/すりかえ/ヘドロばくだん/じならし
seviper
僕の知る限りではレベル1有識者の間でも話題になってなかったポケモン。そして誰も使ってこなかった。エルフーンを確定で倒すことができ、壁をすりぬけてダメージを与えられる。補助技を使う相手に対してすりかえで機能停止させ、困ったらいのちがけで相手をほぼ持って行けるというすばらしい性能を持ったポケモンだった。強いと思います。ぜひ使ってください。

【戦績】
1勝7敗

・・・悲しい。晴れパ、メガカイロスが多い環境を読めなかったこと、考察の差で負けていたこと、さらには同速にもほぼ勝つことができず、惨敗という結果になってしまいました。次にこういう大会があれば全く違う構築で臨みたいです。

【終わりに】

ここまで読んでいただきありがとうございました。主催のうめqさん、対戦してくださったみなさまありがとうございました!

この記事は私が主催した第2回ゆびふり王決定戦の結果報告記事になります。

ルールなどはこちら→ http://yayoi-sangatsu.blog.jp/archives/1061638648.html

ORASも終わるので久しぶりに何か大会を開きたいと思ったのですが、ローテーションバトルの大会は飽和気味だったのでどうせなら違うルールの大会を主催しようということで1年ぶりにゆびをふる限定の大会を開きました。参加者は前回より多い22人(1人棄権)でした!みなさまご参加ありがとうございました!

【結果】
まず結果から発表します。
tournament
というわけで優勝サイマルさんでした!おめでとうございます!
サイマルさんが使ってらっしゃったポケモンは
snorlax
カビゴンでした!ORASでも厳選できるポケモンが優勝したのでGBA限定のポケモンじゃなくてもゆびふりは勝てることが証明されたのではないでしょうか?

【KP】

前回同様にKPを取ってみました。

ポケモン版
KP4 ヤミラミ
sableye-mega
KP3 カビゴン
snorlax
KP2 ミュウ ジュペッタ ピクシー トゲキッス
mewbanette-megaclefabletogekiss
KP1 ミュウツー グランブル ジラーチ トゲチック ゴローン ゴローニャ
mewtwo-megaxgranbulljirachitogeticgravelergolem
(太字はGBAの教え技限定ポケモン)

まさかのKP1位がヤミラミ(全員メガヤミラミ)という結果に。確かにメガヤミラミはマジックミラーという強特性を持っていますからね。本大会に出場されたしわしわさんにゆびふりヤミラミの個体をいただいたので僕も使ってみたいと思います!

今年発売されたバーチャルコンソール用ソフト『ポケットモンスター 赤・緑・青・ピカチュウ』のDL特典としてミュウが配信されましたが、思ったよりKPは増えませんでした。

ジラーチに関しては本当に盲点でした。ゆびふり考察に加えられるべき最強クラスのポケモンだと思います(入手難易度が高すぎてお目にかかれるとは思っていませんでした)。

1回戦でゴローンvsゴローニャがあったのにも驚きました。トーナメント運がよかった?のかもしれません。

道具版
KP5 ゴツゴツメット
KP4 ヤミラミナイト
KP2 こだわりハチマキ ジュペッタナイト
KP1 オボンのみ スターのみ しんかのきせき じゃくてんほけん せんせいのツメ いのちのたま ひかりのこな ミュウツナイトX

やはり1位は前回に続いてゴツゴツメットでした。触れるだけで相手のHPの1/6を削るのは強いですね。

メガストーンを除くと次に多かったのがこだわりハチマキ。技が1つしかないのでこだわり系との相性は非常にいいですね。

きのみ類に関してはしぜんのめぐみという技が出る可能性があるので持たせておくのは実は技を無駄にしない点でいいのかもしれません。

優勝したサイマルさんはひかりのこなを持たせていたそうですがご利益はあったのでしょうか・・・?

【最後に】
参加してくださった方々ありがとうございました!大会運営は数えるほどしかやったことがなかったので無事に成功したのはみなさまのおかげです!また機会があればこのような変則ルールの大会をサンムーンでも開いてみたいと思います!前回が1年前だったし次のゆびふり大会は1年後かなあ~。予定はまだ未定ですが!

以上。何かあればTwitter→(@yayoinnocence)まで

【や(りたか)ったこと】
灼熱の晴れ亡霊
色が全体的に赤。

【前置き】

こんにちは。トリプルとローテが廃止になることがほぼ確定して悲しい弥生です。

悲しんでばかりもいられないので今できることをしたいと思って、今回はしっとさん主催の第8回診断トリプル大会に参加してきました。1度参加してみたかったのでこの機会に参加できてうれしいです。

第8回診断トリプル大会についてはこちらを参照→ http://parujeal.hatenablog.com/entry/2016/10/06/000623

【パーティ紹介】

私は今回ロマックという名前で診断をしてもらいました。2軍では結果を残せそうな名前ですね。その結果出た構築が
Romak
え?ああ、うん。全体的に数値が足りない上にS操作できなさそう。

①メガジュペッタ@ジュペッタナイト(NN:ぬい)
特性:おみとおしいたずらごころ
性格:わんぱく
努力値:HBぶっぱ残りD
技:おにび/よこどり/ふういん/まもる
banette-mega
メガシンカ枠。正直頭を抱えたが引き直しをしてもいいメガ枠になるかわからないのと取り巻きもさらにやばくなる可能性を考えたら変更できなかった。役割としては相手の展開の妨害物理アタッカーの機能停止味方のシャンデラの火力の底上げの3つである。実際の使用感としてはとても器用で使いやすかった。まずおみとおしという特性がめちゃくちゃ強い。いたずらごころもめちゃくちゃ強い。A種族値は165もあるけど攻撃技いれなくてよかったと思う。相手のポケモンをたくさんやけどさせたり、味方のシャンデラに火をつけたりと罪な女の子だった。S操作をしそうな相手には積極的によこどりを使っていきたい。

②ナットレイ@たべのこし(NN:IRON MAIDEN)
特性:てつのトゲ
性格:ゆうかん
努力値:HAぶっぱ残りB
技:ジャイロボール/パワーウィップ/のろい/まもる
ferrothorn
ギルガルド枠(鋼ver)。診断ローテでも引いた。トリプルで強いナットレイが良く思いつかなかったのでこのような型にしてみた。炎以外には安定した強さがあった。

③デリバード@だっしゅつボタン(NN:ファミチキ)
特性:やるき
性格:ようき
努力値:HSぶっぱ残りA
技:ねこだまし/こごえるかぜ/みちづれ/まもる
delibird
猫だまし枠にして今回の問題児枠。1つめの問題点はS種族値が75しかないのでほとんどのねこだまし持ちポケモンに上を取られることである(エビワラーがS76なので最速ならそれにすら抜かれる)。2つめの問題点は全く火力も耐久もないことである。そのため今回はデリバードはデコイにして早く瀕死になるか脱出してもらって後続のシャンデラ展開にスムーズに持っていくという役割にした。しかしねこだましを初手で受けてしまうと後続に出てくるポケモンが相手2体の攻撃を受ける可能性があったので脱出ボタンも難しかった。追い風覚えろよ。

④シャンデラ@こだわりスカーフ(NN:LOVE PHANTOM)
特性:もらいび
性格:ひかえめ
努力値:CSぶっぱ残りH
技:ねっぷう/かえんほうしゃ/シャドーボール/エナジーボール
chandelure
S操作枠。僕が2番目に好きなポケモン。シャンデラがS操作枠なのあまりに耐久が足りないと思ったのでどうせならということでアタッカーにした。本当は火力アップアイテムかタスキを持たせたかったのだがフィールドのS操作をできるポケモンがメガジュペッタとシャンデラしかいなかったので断念。火力は足りていた。

⑤ウインディ
@ゴツゴツメット(NN:もふもふ)
特性:いかく
性格:ずぶとい
努力値:HBぶっぱ残りD
技:バークアウト/にほんばれ/てだすけ/あさのひざし
arcanine
威嚇枠。普通のHBウインディと違うのはにほんばれが入ってることだと思う。にほんばれ+てだすけでシャンデラの火力の底上げを行う。

⑥ドククラゲ@くろいヘドロ(NN:ミアズマ)
特性:クリアボディ
性格:おくびょう
努力値:HSぶっぱ残りB
技:ねっとう/ヘドロばくだん/はたきおとす/つぼをつく
tentacruel
自由枠。その他(範囲攻撃or崩し…etc.トリプルでお見かけするやつ)らしいが私はトリプルバトルでこのポケモンを1回も見たことがない。何をしていいかわからなかったので普段マルチバトルで使っているつぼをつくで味方を強化しようと思った。それが1番楽しいと思った。
実際はこう
楽しいことが起こった。

【結果】
3勝3敗
【内容】
R1 vs.Wittigさん ヒードランとかいう無理なポケモンが来て負け。のろいはよこどりされない。
R2 vs.ともしさん 初手マンムーの地震急所でシャンデラが落ちて負け。急所に当たらなければ熱風をはずさない限り型にはまっていたと思う。
R3 vs.ARCAIDさん たくさんひるまされたけれどつぼをつくで回避が上がって1番大事なターンに避けた。平等院って言ってくださったけど明らかに僕の運勝ち。
R4 vs.マッチョさん 1番険しい戦いだった。僕としてはこのバトルが1番考えることが多かったように思う。最後はムーブを読まれ負け。
R5 vs.shimoさん やりたかったことをついに通せた。シャンデラが5タテして勝ち。
R6 vs.あきさん マフォクシーとゲンガーが激重構築だったが途中読みが噛み合い、最後はシャンデラで詰めて勝ち。

【終わりに】
大会を主催、運営してくださったしっとさんありがとうございました。スムーズな運営でとても楽しかったです。また対戦していただいた方々ありがとうございました。みなさん快く放送の許可をくださり嬉しかったです。サン・ムーンが発売されてもこういう企画ってできないもんですかね~。

このページのトップヘ